LINEでお友達になりませんか?
LINE限定記事や無料プレゼントを配信!

友だち追加

細マッチョになるには『肩』の筋トレが不可欠!

こんにちは、糠澤です。

 

あなたは『細マッチョ』と聞くとどんなイメージを抱きますか?

 

ボクサーや短距離走、体操の選手?
それともEXILEや三代目JSBのメンバー?

 

人それぞれ抱くイメージに違いはあると思いますが、
いずれも無駄な贅肉のないカッコいい身体をしていますよね。

 

実は彼らの身体には、
共通する『ある秘密』が隠されています。

 

その秘密とは、
『細マッチョ』になるうえで
絶対に鍛えるべき欠かせないものです。

 

今回の記事では、
『細マッチョ』を目指すあなたのために、
欠かすことのできない“秘密”をお伝えします。

 

 

ズバリ“秘密”とは

いきなりですが秘密を明かしちゃいます。

 

細マッチョになるために欠かせないもの。
それはズバリ、

 

肩の筋肉を鍛えること

 

です!

 

って、まぁタイトルに思いっきり書かれているので、
もったいぶる必要はなかったんですけどね。笑

 

ではなぜ肩の筋肉を鍛えるべきかについて説明します。
まずは以下の図をご覧ください。

 

ちなみに、決してトイレのマークではありません!汗

 

これは人の体(頭と上半身)に見立てた簡単な絵ですが、
あなたは、AとBどちらのスタイルがいいと思いますか?

 

感覚的なものなので、
どちらが正解というわけではないですが、
ほとんどの人は逆三角形ボディのAを選ぶと思います。

 

この『逆三角形』こそが、
僕たちを“細マッチョたらしめる”ための必要不可欠な要素なのです。

 

細マッチョになるには


細マッチョになるために、
日々、腕立て伏せや腹筋などで
胸やお腹周りを鍛えているという人は多いと思います。

 

しかし、ほとんどの人が
肩の筋肉を鍛える必要性を知らず、

 

「せっかく頑張って鍛えているのになんだか理想の体つきにならない…」

 

と悩んでいるのです。

 

胸筋や腹筋がいくら鍛えられていても、
肩の筋肉がないと、
上の図のBのように『ずん胴体型』に見えてしまいます。

 

一方、肩をしっかり鍛えれば、
同図のAのように『逆三角形』の体型になります。

 

なので、細マッチョな逆三角形ボディになるために
肩の筋肉を鍛えることは、
決して避けては通れない道なのです。

 

肩を鍛えるメリット


肩の筋肉を鍛えるメリットとして、

『見た目』に相当な差が生まれることは
最初の図からも分かってもらえたと思います。

 

しかし、肩を鍛えるメリットは
逆三角形ボディを強調してくれるだけではありません。

 

男なら誰しもが求めるであろう、

 

広い肩幅

 

が手に入ります。

 

広くなった肩幅があなたのたくましさをアピールし、
「バンッ」と引き締まった胸板と
「キュッ」と絞り込まれた腹筋を
より美しく際立たせてくれます。

 

言うなれば、
あなたのセクシーさが『ダダ漏れ』状態となるわけです。

 

こうなれば女性もあなたを放っておかないでしょう。

 

私服を着ていようがスーツを着ていようが、

 

「あれ…?この人ってこんなステキだったっけ…?」

 

と、メスとしての本能が「ビビッ」と反応して、
オスであるあなたを求めるかもしれません。

 

ちょっと話が脱線?しましたが、
要は、肩を鍛えて細マッチョになることで、
女性に対しても強烈にアピールできる武器が手に入るわけです。

【関連記事】自宅で細マッチョになる方法1
【関連記事】自宅で細マッチョになる方法2

 

肩の筋トレ


では具体的に肩をどう鍛えたらいいかお伝えします。

 

ジムのマシンやダンベルなどを使った方法もありますが、
当サイトは、日々忙しいあなたのために、
ジムなどに通わなくても、出来る限り自宅で簡単に出来る
筋トレやダイエット方法をお届けしたいと考えています。

 

ですのでここでは、

 

・自宅で出来る
・道具不要
・怪我のリスクが低い

 

という3点にフォーカスした鍛え方をご紹介します。

 

やっていただきたいメニューはたった1つだけ。
それはズバリ、

 

逆立ち

 

です。ハイ。

 

拍子抜けしたかもしれませんが、
逆立ちを侮ってはいけません。

 

内村航平選手や白井健三選手など、
体操選手の体を思い浮かべてみてください。

 

ジャージを着ていると一見華奢に見えるのに、
肩にメチャクチャ筋肉がついた
カッコいい逆三角形の体をしていますよね。

 

ビックリなのが、
彼ら体操選手は筋トレをしないそうです。

 

鉄棒にぶら下がってグルグル回ったり、
つり輪につかまってありえない体勢をキープしたり、
日々の凄まじい練習があの筋肉を作るそうです。

 

逆立ち(倒立)は、そんな彼らの基本中の基本。

 

一流選手ならば、恐らく何万回じゃ済まないくらい、
数多くの逆立ちをこなしてきたハズです。

 

そうやって肩を含め全身の筋肉を鍛え上げたことで、
彼らの倒立は足が綺麗に「ピンッ」と伸びて
とても美しく見えるわけですね。

 

とはいえ、僕ら一般人があのレベルに到達するのは至難のワザ。

 

ましてや、

 

「最後に逆立ちしたのなんていつだっけ?」

 

と、記憶にない人がほとんだと思います。

 

なので、無理しても怪我するだけなので、
まずは

 

三点倒立

 

から始めましょう。

 

三点倒立は一見簡単そうに見えますが、
体のバランスを取るのに腹筋や背筋などが使われ、
時間が経過するにつて腕がプルプルしてきますので、
しっかりやれば肩はもちろん、体幹も鍛えられます。

 

三点倒立のやり方は以下動画が参考になります。

はじめのうちは壁に足をつけてもOKです。

 

壁に足をつけて30秒〜1分と出来るようになったら、
壁から足を離して30秒〜1分以上とステップアップしていきましょう。

 

慣れてきたら、
三点倒立中に自分の体を持ち上げるアクションをしてみましょう。

 

最初は全く持ち上がらないと思いますが
気にしないで大丈夫です。

 

持ち上げようとする際、
肩の筋肉が使われていることを意識してみてください。
それだけでもかなり肩が鍛えられます。

 

焦らなくていいので、
徐々にステップアップしていきましょう。

 

以下の順番で進んでいくイメージです。

 

各STEPで「キツさ」を感じなくなったら次へ進むようにしましょう。

  • STEP1:壁あり三点倒立×30秒
  • STEP2:壁あり三点倒立×60秒
  • STEP3:壁なし三点倒立×30秒
  • STEP4:壁なし三点倒立×60秒
  • STEP5:壁なし三点倒立×90秒
  • STEP6:壁あり倒立×60秒
  • STEP7:壁なし倒立×30秒
  • STEP8:壁なし倒立×60秒


※STEP4あたりから体を持ち上げるアクションを起こす

※STEP8以降は秒数を増やしたり体を上下させたりなど工夫していく

効果が出る期間と頻度はどのくらい?


自分の目にも、人の目から見ても効果が現れるのは、
早い人は2ヶ月くらいで、
ほとんどの人は大体3ヶ月を経過した頃からです。

 

これを長いと感じるかどうかはあなた次第ですが、
体の見た目が変化するのにかかる時間は
基本的にこのくらいと思っていてください。

 

例えば、髪や爪が一晩で10cm伸びたり、
朝ついた深い切り傷が夜にふさがったりはしませんよね。

 

それと同じで人間の体というのは
急に痩せたり急に筋肉がつくことはありません。
(成長期に急激に背が伸びることはありますが)

 

ですので、成果を焦らず、
『3ヶ月後の細マッチョな自分』を楽しみに、
コツコツ頑張っていきましょう。

 

まさに

 

「継続は力なり」

 

です!

【参考記事】筋トレを習慣化するコツとは

 

また、逆立ちの頻度についてですが、
細マッチョになるための筋トレと並行して行うのはもちろん、
可能ならば毎日お風呂前などにやるのをオススメします。

 

というのも、
逆立ちは肩を鍛えるだけでなく、
内臓を正しい位置に戻したり、
血流の向上や脳の活性化など
健康面にも大きな効果を発揮するからです。

 

ただし、もし肩や腕に著しい筋肉痛があったり、
お酒を飲んで帰ってきた日は避けましょう。

 

筋肉痛の場合は痛みが悪化する可能性がありますし、
飲酒した日は間違いなくバランスを保てず、
転倒して思いのほか大きな怪我をする恐れなどがあるので。苦笑

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

細マッチョになるためには、
肩を鍛えることは必要不可欠です。

 

逆立ちは畳1畳分のスペースがあれば
手軽に出来る筋トレ&健康増進法です。

 

やって損はないので、
ぜひあなたの習慣の一部に加えてみてください。

 

それではまた!

LINEでお友達になりませんか?
LINE限定記事や無料プレゼントを配信!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)