間違ったダイエット方法に注意!やってはいけないダイエットの正体!

こんにちは、糠澤です。

突然ですが、

あなたのそのダイエット方法、
実は間違っているかも!?

ダイエットを実践中の人、
脅かしてスイマセン。

このサイトもそうですが、
国民レベルで健康への意識が高まっている昨今、
ダイエットや筋トレなどの情報はたくさんあり、
インターネット環境さえあれば
いつでもそれらにアクセスできます。

とても便利な反面、色んな情報がありすぎて、
すでに実践していたり、
これからやろうと思っているダイエット方法が

「これ、本当に効果あるのかな?」

と、不安に思うこともあるかと思います。

そこで今回の記事では、
あなたが間違ったダイエットを選択しないように

『そのダイエット、間違いです!絶対にやってはいけないダイエット方法』

の正体と対策をご紹介します!

やってはいけないその1:食事制限だけ

ダイエットにおいて最も比重をかけるべきこと、
あなたは何だか分かりますか?

それは間違いなく

食事制限

です。

「え?やってはいけないんじゃないの?」

と、思われたかもしれませんが少し待ってくださいね。

自分の体は摂取したもので出来ています。

今、もしあなたが理想の体型でないとしたら、
厳しいようですが、それは今まであなたが摂取してきたものや、
日々どんな生活を送っていたかの結果なんですよね。。

ダイエットには運動ももちろん欠かせませんが、

まず最初にやることは、
食事制限や食事管理など、食生活を見直すこと

です。

「え?そんなの知ってるよ?」

と、思われたかもしれませんが、
とても大事なことなので言わせてもらいました。

では、そんな大事な要素であるはずの食事制限なのに、
なぜやってはいけないのか?

やってはいけないのは、見出しにもあるように、

食事制限だけ

のダイエットです。

人は食事の質、バランスを変えるだけで簡単に痩せることができます。
これはどんな人にも当てはまると断言できます。

ですが、その結果で得られた体には「ある変化」が起きています。

その「ある変化」とは、

リバウンドしやすい体質

になってしまうことです。

改善した食生活をずっと続けていけるなら問題ないですが、
付き合いや接待、会食などが多い働く男性にとって、
それは不可能に近いと言えると思います。

せっかく痩せることができたとしても、
また食生活が不規則になってしまうと、
簡単にリバウンドするどころか、
以前よりも痩せにくくなってしまうという、
なんとも恐ろしいオチが待っているわけです。

その理由は、食事制限だけのダイエットだと、

筋肉量が減る 

からに他なりません。

筋肉が減るとなぜマズイのか?

それは下記をご覧ください。

やってはいけないその2:有酸素運動だけ

続いてやってはいけないのが

有酸素運動だけ

のダイエットです。

有酸素運動自体は、
脂肪燃焼にとても効果のあるダイエット方法の一つです。

【参考】有酸素運動がダイエットに効果バツグンな3つの理由とは?

しかし、上記の記事の中でも触れていますが、
有酸素運動には筋肉を分解してしまう作用もあります。
(この作用を「糖新生」と言います)

一時的に体重が落ちて痩せたように思うかもしれませんが、
それは筋肉量と体内の水分量が落ちたにすぎません。

筋肉が減少するというのはマイナスしかありません。

例えば、同じ速度で歩行したとしても、
筋肉が減少する以前より消費エネルギー量が少なくなり、
基礎代謝も低下して、「脂肪燃焼しにくい体」になってしまいます。

つまり、リバウンドしやすい体質になり、
以前より痩せにくく、以前より太りやすい体になってしまうのです。

仮にリバウンドで元の体重に戻ったとすると、
体の見た目が以前よりブヨブヨになっちゃうわけです。

ああ、なんて恐ろしい…

2つの「やってはいけない」に共通すること

食事制限だけ
有酸素運動だけ

この2つの「やってはいけないダイエット」に共通することは、

筋肉量減少のリスク

がともなうことです。

どちらも間違いなく筋肉量が減少してしまうので、
上でも述べた通り、糖新生による基礎代謝低下を招き、
ダイエット以前よりも痩せにくく、
ダイエット以前よりも太りやすい体質になってしまうのです。

つまり、ダイエットのハードルがどんどん高くなるので、

・成果が出るまでに時間がかかる
・時間がかかるからモチベーションが続かない
・よって途中で挫折

という悪循環に陥りかねないのです。

これでは間違いなくダイエットの成功や、
理想の体型に近づくことなどできません。

では一体どうすればいいのか?

やっぱり筋トレが欠かせない!

そう。

結論としては、

ダイエットに筋トレは不可欠

ということです。

何も写真の外人さんのように「ハードなトレーニングをしろ!」だとか
「絶対に腹筋を6パックにしろ!」というわけではありません。

明らかに筋肉がついている見た目までいかずとも、
筋トレを週に1〜2回程度やって、
現在の筋力から少し向上させてそれを維持する
というのを目標にしてもらえればいいと思います。

もちろんそれ以上を求める人は、
さらにハードなトレーニングを自分に課してもらってOKです。

トレーニング内容は以下のリンクを参考にしてみてください。
自宅で出来る気軽なものから、
ジムで本格的にやるものがありますので、
自分の今の生活や体力に合ったものを選んでみましょう。

【参考】ジムでのトレーニング方法
【参考】自宅でのトレーニング方法その1
【参考】自宅でのトレーニング方法その2

まとめ

いかがでしたか?

誰しも楽して痩せたい気持ちはあります。

また、日々忙しい生活の中で、
食事制限だけとか、サプリを飲むだけなど、
何か一つだけの簡単なダイエットに集中できるなら
それに越したことはないのも分かります。

ですが、やはりダイエットに筋トレは欠かせません。

もっと言うと、ダイエット目的でなくとも
健康維持のために筋トレは不可欠と言えます。

老後、腰が曲がってしまったり、
膝を痛めて階段の上り下りや歩行自体が辛くなるなど、
不自由な生活を避けるためにも、
今のうちから筋トレを習慣化することをオススメします。

物事の習慣化はとても大変ですが、
自分に投資するつもりでゼヒ取り組んでみてください!

【参考】継続・習慣化のコツと続けるための方法とは?

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)