腹回りの脂肪を落とす男の食事管理法

3a8238dd109b93d385d4caf3f2aadd6a

こんにちは!

「クランチやプランクなどのトレーニングをしていますが
なかなか腹回りの脂肪が落ちません」

というメッセージを頂きました。

これは多くの人が陥りやすい現象です。

トレーニングさえすれば腹回りの脂肪が落ちる、
と思い込んでしまっているのです。

しかし、それは不可能です。

腹回りの脂肪だけでなく、ダイエットや肉体改造で
最も大切なのは『食事管理』です。

食事管理も含めてトレーニング

トレーニングだけでなく
食事管理を合わせないと意味がありません。

「意味がない」というのは大げさかもしれませんが、
効果がほとんど現れないです。

しかし逆に、トレーニングをしなくても
食事管理を正しく行えば、それだけで脂肪は落ちます。

それくらい『食事』というのは、
私たちの肉体や精神にとって大切なものなのです。

なので、筋トレだけでなく食事管理も含めて
『トレーニング』と言います。

この2つを行えばわかりますが、
超効果が発揮されるのです。

20081001_01

腹回りの脂肪を落とす男の食事管理

では実際に、どのような食事管理をすれば良いのか。

ですが、最初からがっつり量の制限などをしても
すぐに挫折してしまうのが落ちです。

なので、まずは少しずつ正しい管理を身に付けることが
食事管理を継続する上でのポイントとなります。

食事管理といっても、結局のところ基本は同じです。

糖質の量を「控えめ」にして、
タンパク質を積極的に摂取していくことです。

この基本を押さえた上で食べる順番を変えたり、
食事の時間を意識する、間食を食べるなどの
トリッキーなものを取り入れていきます。

糖質の量を控えるというのは、
ご飯の量を1口分ずつ減らしていくのも良いです。

また、大盛りを食べている人は普通盛りにして、
その代わりサラダやおかずの量を増やすのも良いです。

そのほかには、夜ご飯の糖質はさらに量を減らし
その分、次の日の朝ご飯に回すようにします。

9cz6wKeodJ

よくやる間違いとしては、

「徹底的に炭水化物を抜く」

というものですが、これは非常に危険です。

私たちの脳や体にとって
糖質は必要不可欠な栄養素です。

ですから、これを極度に抜いてしまうと
貧血を起こしたり体の機能に異常をきたします。

糖質を摂りすぎも良くないですが
逆に無くしすぎもよくないです。

バランスを考えていきましょう。

タンパク質に関しては、
あなたに必要な1日のタンパク質量の目安を
まずは認識してから管理しましょう。

自分に必要なタンパク質量の計算式は、

『体重×1.25〜1.75』

という計算式で算出できます。

体重が60kgの人の必要タンパク質量は
約90g(60kg x 1.5g)ということになります。

この1日90gを摂取できるように、毎日の食事をしていきます。

タンパク質が多く含まれている食品については
以下の記事を参考にしてください。

⇒ コンビニで手に入る高タンパク質食品で筋トレやダイエット!

pic01

食事だけでなく、水も毎日たくさん飲みましょう。

目安としては、男性が3L、女性が2Lです。

常に新鮮な水を体内に取り込むことで
血液が綺麗になり循環を良くすることができます。

なので、結果的に基礎代謝が上がりやすく
それだけで体脂肪を落とすことも可能です。

そして、意外にも見落とされる部分として
『間食』というものがあります。

私たちの体にとって空腹感は飢餓状態を意味するので
本能的にカロリーを余分に蓄えておこうとします。

そうすると、脂肪分を溜めておき、筋肉を分解して
エネルギーに転換しはじめます。

これは腹回りの脂肪を落とす上で逆効果です。

腹回りの脂肪を落とすには、
体に占める筋肉量を増やして脂肪分を減らすので
真逆の行為になってしまいます。

なので、空腹感にならないように
間にちょっとしたもの、例えばアーモンドやナッツなどを
少しだけ食べるようにすると良いです。

n039

腹回りの脂肪を落とす男の食事管理法まとめ

腹回りの脂肪を落とすには食事管理が大切です。

かといって、食事管理というのは案外
多くの人が思っているほど難しいものでも我慢するものでもありません。

食事の質とタイミングを考えるだけで
今やっているトレーニングの効果を最大限にすることができるのです。

腹回りの脂肪を落としたり
肉体改造の方法などをより詳しく知りたい方は
こちらのトレーナーの無料通信講座に登録してください。

元ライザップの専属トレーナーが
自宅で出来る肉体改造の方法を教えてくれます。

スクリーンショット 2015-10-11 20.51.05

⇒ 無料でメール通信講座を受けてみる

トレーニングだけでなく全てのことに言えるのですが、
取り組む前に『正しい知識』を手にすることが
最も望んだ結果を得られる方法です。

⇒ トレーナーの無料通信講座を受けてみる

一緒に頑張りましょう!

それではまた。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ