太ももを太くする筋トレをすると腹筋も割れやすい理由

___3

こんにちは!

太もも太くするためにスクワットなどの
筋トレをする人も多いと思います。

そして、太ももの筋トレをすると
以外にも副産物があるのです。

それが、『腹筋が割れやすい』ということです。

太ももを太くする筋トレで腹筋を割る

「いいや、何を言ってるんだ?
太ももと腹筋はなんの関係もないじゃないか..」

と思われるかもしれません。

が、実際は関係が大いにあります。

というのも、太ももというのは
私たちの体の中で最も大きい筋肉が含まれています。

なので、太ももの筋トレをすると
自然と体を占める筋肉量が増えていき
基礎代謝が上がっていくのです。

基礎代謝が上がるということは、
言い換えれば脂肪燃焼がされやすいということです。

つまり、体脂肪が減るので割れた腹筋が
見えやすいということです。

太ももの筋トレと合わせて腹筋をする

太ももの筋トレをしながら、
同時に腹筋も鍛えるようにすると
効率よく腹筋を割ることができます。

ダイエットでもスクワットダイエットが
効果的だと言われるように、
太ももの筋トレは体を引き締める上で重要なのです。

せっかく太ももの筋トレをしているのですから、
数分間プラスして腹筋の筋トレもこなしていければ最高ですね。

ただし..

ただし、腹筋は筋トレだけでは割れ目が見えません。

やはり、毎日の食事管理が最重要になります。

腹筋だけではないのですが、
食事管理を正しく行うだけで
筋トレ効果を倍以上にすることができるのです。

「それは分かってるけど、お米抜きとか俺は無理!」

という方もいると思います。

ですが安心してください。

お米は食べていいのです。

いやむしろ、お米を抜いてしまうと
脳に必要な栄養分が不足することになります。

これが私たちの体にとってどれほど害となるか
説明しなくてもすぐにわかると思います。

なので、お米は食べていいのです。

注意すべきなのは、その量とタイミングです。

朝と昼はご飯を普通に食べて(大盛りは無し)、
夜ご飯は少しだけにするなどが良いでしょう。

また、食事をする際に、
サラダやおかずを先に食べたあと
最後にお米を食べるようにするのが良いです。

お米を最後に食べるだけで、
過剰な糖質摂取を抑えることができるからです。

糖質管理だけでなくたんぱく質の摂取も重要です。

食事管理に関して、より詳しく知りたいという方は
以下の記事を参考にしてください。

⇒ 肉体改造の為の食事メニュー正しい決め方

太ももと合わせたい腹筋の筋トレ

さて、腹筋の筋トレです。

腹筋はとく数種類の筋肉が集まって形作られているので、
1種類の腹筋運動だけでは割れないです。

なので、数種類の筋トレを合わせていきます。

ここでは、10分ほどで終わる
初級〜中級レベルの腹筋トレーニングをご紹介します。

プランク

サイドプランク

クランチ

レッグレイズ

ミドルクランチ

太ももを太くする筋トレをすると腹筋も割れやすい理由まとめ

これらのトレーニングを太ももの筋トレと合わせてみてください。

そして、食事管理をしっかり行えば、
間違いなく短期間で腹筋をシックスパックに割ることができます。

せっかく太ももの筋トレをするなら、
ぜひ取り入れてみてはいかがですか?

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

スクリーンショット 2015-10-11 20.51.05

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ