痩せるダイエットの順番とは?

6cee6205ab8679655a52f3ab07141010

「さあ、今日からダイエットを始めよう!」
と決めたあなた。

食事と運動、運動でも筋トレや有酸素がありますね、
どんな順番で始めますか?

それに食事だって、食べる順番で
ダイエットの効果は変わってくるのです。

同じ運動量、同じカロリー摂取をしても
ダイエットの結果が違ってくるということは、
辛い努力が無駄になるかもしれないということです。

正しい知識で無理のないダイエット生活を送りましょう。

効果のないダイエットは?

「とにかくご飯を食べない」という方がおられます。

また食事は高たんぱくということでは一致しても、
低糖質なのか低脂肪なのかは人によって少し違うようです。

極端な糖質制限は脳が必要とするグルコースが不足したり、
健康な食物代謝に必要な食物繊維の不足を招いたりと問題もあります。

また脂肪からは体内では
合成することのできない
必須脂肪酸を摂らなければなりません。

ですから、糖質なら毎食お茶碗に軽く一杯程度にし、
一日の摂取カロリーをコントロールするという基本方針が大切です。

無理に脂肪を制限する必要はありません。

またダイエットのために「朝はシリアル」
という人もおられますが、シリアルは
栄養バランスを重視したもの、
ダイエットを考え糖質カットしたものなどさまざまです。

ものによってはご飯2杯分くらいの総カロリーのものもあります。

運動でもだらだらした筋トレは筋量増加につながらず、
基礎代謝が高くならないので無駄な運動になってしまいます。

ダイエットに有効な有酸素運動も、
LSDに反した運動は脂肪の燃焼につながらないので、
これも「無駄に時間を費やしているだけ」に過ぎないということになります。

目標心拍数を決めて取り組む必要があります。

痩せるダイエットは順番も大切

トレーニングでは筋トレを先ず行ってから、
有酸素運動に入りましょう。 

筋トレで水分と結びついている糖を先ず消費し、
次に消費しにくい脂肪を有酸素運動で燃焼させましょう。

この有酸素運動も「ゼイゼイ」と
完全な息切れをするまでになると酸欠状態ですから、
脂肪燃焼にはつながりません。

自分の適正な目標心拍数
(一般的に、170-年齢~180-年齢、の範囲といわれています)
を維持するような有酸素運動にすることが大切です。

また、筋トレにせよ有酸素運動にせよ、
食事の前にしましょう。

できれば運動のあと30分以内の食事がいいでしょう。

痩せる順番のダイエットメニュー

ダイエットを始めた当初は食事制限により
必然的に塩分が減り、結果として水分が
体内から抜けるので意外とすんなりと体重が減ります。

また次に減るのが内臓脂肪です。

これも「付きやすく減りやすい」といわれる脂肪です。

そこから後がダイエットの本番です。

食事に関していえば、
「先に野菜を」という原則があります。

食物繊維の多い野菜を先に摂ることで、
血糖値の上昇を緩やかにし、
過剰なインスリン分泌を防ぐことができるからです。

ただし、この場合野菜というのは
主に葉物野菜のことです。

糖質の多い根菜類やカボチャはダメです。

またサラダで食べる場合は、
ノンオイルのドレッシングにしてください。

次に食べるのは消化のよいものがいいでしょう。

血糖値の上昇に留意して「野菜、肉、ご飯の順番」を
推奨される方もいらっしゃいますが、
むしろ胃腸の負担軽減と快食の見地からは
消化のよいものを先にしたいものです。

三食では朝と昼食を重視し、
夜はたんぱく質重視の軽めにしましょう。

ドイツ人は食事について次のように言います。

ダイエットも同じです。

「朝食は王様のように、昼食は貴族のように、夜は乞食のように」

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ