ダイエットを無意識に継続するコツとは?

運動 継続

ダイエットに取り組んでいる方の中には、

「ダイエットに取り組むのは、これで3回目なんです」

と頭を掻きながら照れくさそうに
おっしゃる方がいらっしゃいます。

それくらいダイエットを最後まで続けるのは難しいのです。

理由はダイエットが
数ヶ月単位の継続性を必要とするからです。

なぜダイエットが継続できないのか?

目的に向かって実行していく上で最も大切なのは、
「明確な目標」「具体的な計画」を立てるということです。

この目標と計画を立てる場合に二つの原則があります。

ひとつは、自らの体の特性を知り
それに適したダイエット法を知るということです。

二つ目は、無理な計画を立てないということです。

こうして目標を明確にし、
無理のない計画でダイエットを続けても、
挫折する人はいます。

それは「苦痛」と「快楽」が衝突したとき、
「苦痛を避ける」という判断が優先して働くのが人間だからです。

「続ける」というのは苦痛にあたり、
ダイエットをやり遂げるという喜びよりも優先されます。

ダイエット継続のコツ

明確で具体的な目標を立てること、
つらくなったときは無理して継続しない、
これがダイエットで挫折しないコツです。

開き直って「今週は二日だけでもいいや」と考えてしまうのです。

もうひとつは失敗したときのことです。

「失敗するのは当たり前」と考えましょう。

初めて取り組むダイエットには
さまざまなことが起こります。

新たな計画に踏み出すなど、失敗を糧にして
挫折で続けられなくなるという
最悪の状況を避けることができます。

最後に「報酬」です。

体重などに中間目標を定め、
達成できたときは、声に出して自分をほめてやりましょう。

またダイエットへの取り組み方も、大事です。

「ダイエットには有酸素運動が大切」
「有酸素運動とはエアロビクスやジョギング」

なんて書いてあるのをよく見ます。

しかしエアロビクスは指導者なしで
実行するのはなかなか難しいし、
ジョギングはなかなか効果が上がりません。

たとえば時速10kmで30分走っても
消費するカロリーは、250キロカロリー程度、
お茶碗一杯分くらいのものです。

その点、筋トレはやれば比較的早く効果が現れやすく、
自分の体形が変わっていく喜びが報酬となって
続けやすい要素をもっています。

また筋トレによる筋量の増加それ自体も、
基礎代謝を上げるという点でダイエットに寄与します。

筋トレをうまく取り入れることも続けるコツでしょう。

目標を立てる上での参考にしてください

食事と運動(有酸素運動)について
幾つかの参考になる指標を上げておきましょう。

通常の成人男性の必要カロリー数は
2,0002,200キロカロリーといわれますが、
基礎代謝量と身体活動レベルによって個人差があります。

ダイエットでは必要カロリー量より
200キロカロリー程度低めに摂取カロリーを設定します。

有酸素運動では、目標心拍数を170-年齢~180-年齢、に抑えてください。

もともと肥満している人は、
レプチンという食欲抑制物質が
分泌しにくい体質になっています。

こうした方は食事制限が辛いと思います。

もともと4,000キロカロリーをとっていた人に
1,800キロカロリーにしなさいといっても続くはずがありません。

短期的な目標を立てながら、徐々に進めることが大事です。

孫子の兵法に

「己を知り、敵を知れば百戦してあやうからず」

という言葉があります。

自らの体質とそれにふさわしいダイエット法で
健康な体を作ってください。

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ