冬に太る知られざる原因とは?

f12022802

冬は太るといわれます。

またそんな経験をした人も多いかもしれません。

では逆に夏は痩せやすいのでしょうか?

疫学的に調査すれば、たぶん夏の方が
平均体重は軽いかもしれません。

でもこれは本質的な意味での
痩せた・太ったということとは別です。

夏には汗をかきます。

ですから冬に比べ水分を失って
体重が減るということがあるでしょう。

しかし人体の水分は容易に上下します。

汗で失った水分は水を飲めばすぐに戻ります。

また食事も夏場は暑さで食欲がなくなるので、
冬よりも体重が落ちるということもあるかもしれません。

これも人体はエネルギーが必要になれば
自然と食事をするように促します。

つまり夏に食欲がなくなるというのは、
普段必要以上にカロリーを摂取していただけ、という話です。

とは言うものの実は、
冬に太るというのは冬特有の理由もあるのです。

冬に太る原因

恒温動物である人間は
体温を一定に保っているから年間を通して活動できます。

この体温を一定に保つために、
暑くなれば発汗作用が働いて気化熱で体温を下げ、
寒くなれば「ふるえ」で熱を作るなど、
体は自然に調整しています。

こういった体の状態を一定に保つことを
ホメオスタシスといいます。

人類は7,000万年の歴史の中で
氷河期も経験しています。

体温が奪われる恐怖を本質的に知っています。

だから冬になると断熱材でもある脂肪をつけて
寒さをしのごうとします。

これが冬に太る原因の一つです。

もう一つ、
冬になると冷たい外気にさらされる外出を控え、
活動量が落ちることも大きな理由の一つでしょう。

おまけに、現代は飽食の時代です。

外出せず、だらだらと室内で過ごし、
日がな一日何かを口に入れているというのも・・・・

冬に太る人の共通点

冬の休日は「コタツに入って、TVを見ながら過ごす」、
そしてコタツの上にはお菓子が、
というのが昭和のホームドラマでよくあったシーンです。

でもこの風景は平成の時代の方が多いかもしれません。

コタツがエアコンやストーブに代わり、
TVがスマートフォンやPCに変わっただけで、
昭和の大家族時代より単身あるいは核家族化した現代の方が、
休日の手持ち無沙汰感は増しているのではないでしょうか。

このように冬に太りやすい人は、
単身もしくは孤独主義者であまり
活動的ではない人といわれています。

冬太りの対処法

意識的に外出する、
運動するということを心がけてください。

一番手っ取り早いのは、
友人や恋人を誘って出かけることでしょう。

冬は太りやすいということを頭に入れておいてください。

そして一食当たり600キロカロリー以下に
抑えるようにしましょう。

その分をたんぱく質で補ってください。

そして食事についてもう一つアドバイス。

冬といえば、「鍋」です。

この鍋料理、ダイエットにもってこいなのです。

まず野菜が自然な形でたくさん摂れます。

また肉や魚などの油が適度にスープの中に溶け出し、
脂肪分が少ない高たんぱくな好ましい食事になるのです。

さてここで難しい問題が一つ、鍋のスープです。

スープにはいろいろな栄養素が溶け出していますが、
油も多いのであまり摂らない方がお勧めです。

一方で「スープを摂るな」と少し矛盾しますが、
雑炊は糖質の摂取方法としては

「比較的少ない量で満腹感を得られる」

ので、好ましいものでもあります。

雑炊を軽く茶碗に一杯というのが望ましいところでしょう。

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ