ダイエット中夜の外食はこれで決まり!

yokonabi

「ダイエット中の夜の外食は避けましょう」

なんていわれても、仕事や学校の帰りに
わざわざ買物をして調理して食べるというのはとても無理ですよね。

どうしても外食に頼らざるを得ません。

だからこそ食べ方と何を食べるかを考え、
ダイエットを損なわない夜の外食を工夫する必要があるのです。

ダイエット中の夜ご飯について

まず夜の外食がなぜダメなのか、
それを考えてみましょう。

日中は活動的に過ごしますが、
夜はその疲労の回復時間帯となります。

つまりもはやエネルギーを必要としない時間帯ですから、
その時間に摂ったカロリーは消費されることなく
そのまま脂肪として蓄積されます。

ですから夜に避けたい食事の要素としては、
脂肪の蓄積につながる糖質や脂肪ということになります。

また食事をするとそれを消化しなければなりませんが、
その消化活動によって良好な睡眠が損なわれると
これもダイエットに好ましくありません。

ですから、摂るとしても消化のよいものということになります。

ダイエット中の外食メニュー

ダイエットにとって夜遅くの食事、
特に外食は基本的に×です。

でも仕事や会議などでどうしても
遅くなることもあります。

朝食もそこそこに昼食は立ち食い蕎麦で済ます、
ということになるとどうしても必要な栄養が
摂れていないことになります。

夜の食事である程度補うしかありません。

おまけに疲れきった体で自炊というのも現実的じゃありません。

こうした悪条件下でもダイエットに
支障のない外食メニューを考えて見ましょう。

基本は低糖質低脂肪高たんぱく質の食事で
消化のいいものをということです。

またミネラルやビタミンなどを含めた
栄養のバランスを考えると
できるだけバラエティにとんだ食事にしたいものです。

こうした条件を満たすベストの外食は、「めし屋」の類です。

ご飯の量も自由が利きますし、
絶対に摂りたい野菜も充実しています。

何よりもメニューがバラエティに富んでいるのが嬉しいですね。

また外食ではありませんが、
コンビニを利用するというのも手です。

コンビニの食品はほとんどが
栄養素やカロリー表示がされています。

ダイエットをしている人には、
カロリーコントロールしやすいというメリットがあります。

食べたいけれど夜には好ましくないとされる糖質も、
たくさんの種類のリゾットや雑炊がレトルト食品で出ています。

中には五穀米やノンカロリーのものまであるようです。

以上のようなことを意識しながら
夜の外食を摂るということになりますが、
それでも体内時計というものがあります。

それは25時間を周期として一日を数え
それに合わせてリズムを作っています。

眠るのも、食事を摂るのも、
すべて体内時計が支配しています。

深夜12時を過ぎての食事は
こうした基本リズムから外れることになりますから、
できるだけ少量にして胃腸に負担をかけないようにしましょう。

夜食でたんぱく質を摂るべき理由

就寝時間は疲労の回復と肉体の修復時間です。

糖質や脂肪は夜遅くに摂取することは
避けなければなりませんが、
良質のたんぱく質は肉体の修復に必要です。

あまり遅い時間でないかぎり
摂っておきたい栄養素になります。

脂肪分が少なく消化に良い
植物性たんぱく質の食材がいいのですが、
植物性のたんぱく質は利用効率が低いというデメリットもあります。

摂るとすれば、飽和脂肪酸の多い肉類よりも
不飽和脂肪酸を多く含む魚をおすすめします。

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ