間食ダイエットにオススメのコンビニ食品

almond480

ダイエット、特に食事制限をしているときに
やはりつらいのは空腹です。

最近では基礎代謝を高めて
消費エネルギーを無理なく増やしたり、
いろいろなダイエット食品を使ってできるだけ
空腹感のないようにと、ダイエットも取り組みやすくはなりました。

しかしダイエットの基本が消費エネルギーより
摂取エネルギーを少なくするということである以上、
どうしても空腹感は生じることになります。

それをどのよう工夫をすれば、より苦痛なくできるか、
間食OK!」といううれしいお話も含めて紹介します。

間食はダイエットに効果的

ダイエットしているのに間食なんてもってのほか、
というのがこれまでの常識でした。

でも間食しても大丈夫、
というよりむしろ間食はお勧めなんです。

「なぜ?」という話を分かりよくするために、
逆に食事回数を少なくするという話をしてみましょう。

食事回数が多かろうが、少なかろうが
一日に摂らなければならない食事のカロリー数は同じです。

それを少ない食事回数で摂取しようとしたら、
一回あたりの食事量は増えてしまいます。

これはダイエットにとって最悪なんです。

糖質摂取で気をつけるのは、
糖質のカロリー量というよりは血糖値の上昇による
インスリンの産生なんです。

血中のグルコースは各組織でそのまま利用されたり、
インスリンによってグリコーゲンに変えられて貯蔵されたりします。

またそれでも過剰なグルコースやグリコーゲンは
さらに代謝されて中性脂肪として蓄えられます。

一回あたりの食事量が多いと血糖値が急上昇し、
インスリンも必要以上に急激な増加をします。

結果として、グリコーゲンが多量に作られ、
さらに脂肪となって体にたまることになります。

食事回数を減らしてドカ食いをすると太るのはこの理屈です。

関取衆は一日2回の食事でこうした体作りをしているのです。

逆に言うと、多食にして一回あたりの糖質摂取を控えれば、
インスリンコントロールがしやすく、
過剰な脂肪蓄積を防ぐことができるということになります。

間食もうまく摂れば、
この多食による効果と同じような効果をもたらすわけです。

間食ダイエットオススメコンビニ食品

間食をしてもいい、とは言ってもやはり
カロリーは抑え目にしたいものです。

コンビニなどでも手軽に手に入る
カロリーの少ない食品を幾つか紹介しましょう。

ひとつは、海藻類で「おしゃぶり昆布」なんかは最適でしょう。

またこんにゃくゼリーも低カロリーで
食物繊維やミネラルが豊富な好ましい食物です。

ドライフルーツもビタミン類やミネラル、
繊維が豊富なものが多くいいでしょう。

しかしダイエットの間食として選ぶなら
ベリー系を摂られることをお勧めします。

ただしドライフルーツのカロリーは基本的に多いです。

食べ過ぎに注意してください。

またイチジクは表示カロリー数は少ないのですが、
含まれている果糖は脂肪になりやすいなど少し注意は必要かもしれません。

間食ダイエットまとめ

でもしつこく言いますが、ダイエットとは

「消費カロリーが摂取カロリーより大きいこと」

です。

多食がいい、間食OKといっても、
カロリーを摂りすぎることになったら
これはもはやダイエットではありません。

また体内時計が人間には備わっています。

そして生活に必要なホルモンや酵素などの産生は
この体内時計によって賛成しやすいタイミングや
働きやすい時間が決まっていることがおおいようです。

基本は一日規則正しい三度の食事を摂ることです。

間食はそれをあくまで補うもの、
食事ダイエットを続けやすくする手段です。

一日のトータルカロリーが守られていれば、
間食中心でもいいというものではありません。

一日に消費するエネルギーは個人差が大きいので
具体的な数字は上げにくいのですが、
普通の活動量の成人男子で一日約2660キロカロリーといわれています。

間食はそのうちの250キロカロリー程度、
10%を超えないことをめどにしましょう。

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ