ウォーキングダイエット効果を極限まで上げる方法

daietto

ダイエット目的でウォーキングを始める
という人は多いと思います。

しかし、ただ漠然とウォーキングをしても
痩せるための効果は薄いままです。

ウォーキングダイエットの効果を最大限
発揮するための工夫を取り入れていきましょう。

ダイエット目的ならウォーキングは..

ウォーキングは有酸素運動と呼ばれ
効果的に脂肪燃焼ができる運動と言われます。

が、もしあなたが脂肪燃焼目的、
いわゆるダイエット目的でウォーキングをするなら、
その前に軽い筋トレを入れることをお勧めします。

というのも、筋トレをすることで、
脂肪燃焼を促進する成長ホルモンが分泌されるからです。

有酸素運動は開始から20分以内は糖分を燃焼し、
それ以降からやっと脂肪を燃焼し始めると言われています。

しかし筋トレを先にしておくと、
すぐに脂肪燃焼をすることができます。

もちろん、筋トレといってもわざわざジムに行ったり
器具を使ってハードなものをしなければいけない、
というわけではありません。

体一つで気軽にできる筋トレで十分です。

ウォーキング前に最低限取り入れたい筋トレ

まず初めに、全身をくまなくストレッチしてから
筋トレと有酸素運動に取り掛かります。

プッシュアップ(15回×3セット,休憩60秒以内)

スクワット(15回×3セット,休憩60秒以内)

クランチ(10回×3セット,休憩30秒以内)

ウォーキングダイエット中の効果を上げる方法

ウォーキングの目安なのですが、
時間よりも距離を意識すると良いです。

最低2キロは歩きたいところです。

・リズムを保つ

リズムよく、少し息がはずむ程度の
ペースを保っていくことがポイントです。

・姿勢を整える

胸を張りお腹に軽く力を入れて
足をしっかりと上げるように歩きます。

やると分かりますが、普段の歩き方が
どれだけ体を使えていないかが身にしみて感じます。

・服装やシューズにこだわる

服装やシューズは、大前提として機能重視します。

動きやすい格好や歩きやすいシューズです。

それと同時に、自分がそれを着て
外にどうしても出たくなるようなものを選ぶのがカギです。

何事も継続が最も大切なポイントになるので、
お気に入りの格好を揃えることをお勧めします。

効果的なウォーキングの時間帯

「朝のほうが良い!」
「いーや夜だね!」

と、両方の意見があると思います。

私の意見としては、
正直どちらでも良いと思います。

確かに、帰ってすぐ寝るという時間に
ウォーキングはナンセンスですが、
そうでなければいつでも良いと思います。

重要視したいのは、ウォーキングダイエットの直前に
軽い筋トレを取り入れられるかです。

人それぞれ、仕事や生活習慣がまったく違うので
自分がウォーキングダイエットを取り入れられる時間に
『継続』していくことが、最もダイエット効果を得られます。

「今日は気分が良いから距離を伸ばす」

というのも、たまには良いとは思いますが、
やはり『継続』をフォーカスすることが重要です。

なので、いつも決まった距離を歩くのがお勧めです。

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ