低糖質ダイエットの危険を犯さない方法

01

低糖質ダイエットはアトキンス・ダイエット
あるいは炭水化物ダイエットと呼ばれるものです。

ご飯はお茶碗に軽く一杯で約100グラム。

これを三食食べると一日約300グラムになりますが、
アトキンス博士はこれを20~40グラムに抑える
ということを提唱しました。

このダイエット法が話題になり、
いまでは低糖質ダイエットという言葉の方が
直接的なイメージが沸くためでしょう、
一般的に用いられるようになりました。

しかし、アトキンス博士がこのダイエット法を推奨したのは
もともと糖尿病患者を対象にしたものでした。

ですから健康な人がこのような極端な低糖質で
ダイエットをすることには多くの医学関係者からの厳しい批判があります。

低糖質ダイエットとは?

ダイエットにもっとも効果的なのは食事制限です。

とくに糖質や脂肪はダイエットにとって天敵ともいえます。

ですから例えば、糖質の摂取を一日に150グラム程度に抑えて
その分をたんぱく質で補うという方法がありますが、
これはここで言う低糖質ダイエットとは言いません。

低糖質ダイエットとは短期間の二週間程度、
アトキンス・ダイエット並みあるいはそれ以上に
糖質を抑えた食事をすることです。

低糖質ダイエットの方法

この間は糖質、たとえばご飯、パンなどの穀類はもちろん、
いも・豆などの根菜類もできるだけ控えます。

また牛乳(脂肪を含みます)や果物(果糖=フルクトースを含みます)も摂りません。

一日の糖質摂取量は20グラム以下が目標です。

もちろんアルコールもダメです。

またこの極端な糖質オフの期間後も、
糖質はできるかぎり押さえ一日摂取量50~80グラムにというものです。

しかしこの極端なダイエット法には強い反対意見も多く、
またリバウンドが大きいという指摘もされています。

なお今から10年位前には、糖質が少ないことによる副作用として
頭痛や下痢がランセットという著名な医学雑誌に報告されています。

コンビニで手に入る低糖質食品

しかし運動だけでダイエットをするというのは
実際にはかなり難しいのも事実です。

やはり糖質を抑えるという食生活は
ダイエット中だけでなく、日常的にも必要でしょう。

現代社会は飽食の時代だといわれています。

豊かな食生活がかえって健康を損ねるという
皮肉な時代でもあることをこの言葉は示しています。

そのせいか、最近ではコンビニを含め低カロリー低糖質の食材や
食品をさまざまなところで眼にするようになりました。

ここではそうした幾つかを紹介してみましょう。

1.サラダチキン

・タンパク質:約24g(100gあたり)
・カロリー:105kcal(100gあたり)

まさにキングオブダイエット食品のサラダチキンダイエット。

お昼の時間帯に買いに行くと売り切れている事も
良くあるので人気は驚くほど高いです。

コンビニのおばちゃんに聞いた所
男性がほとんど買っていくそうです。

意外ですね。

d2550e5d-1

【入手場所】各種コンビニ

2.スーパーノンオイルツナ

・タンパク質:12.5g(1缶あたり)
・カロリー:53kcal(1缶あたり)

ツナはカロリー高いかと思われがちですが
ノンオイルであるツナ缶はとても良い食品です。

2014110411220681c【入手場所】各種コンビニ

3.スモークチキン

・タンパク質:29g(100gあたり)
・カロリー:139kcal(100gあたり)

キングオブダイエット食品のサラダチキンに次いで
大人気商品のスモークチキンです。

スモークの香りがとても香ばしく、
低カロリーとは思えない味わいがあるので
ダイエット食品の薄味の常識をぶっ壊してくれます。

2014-02-21-12.14.12

【入手場所】各種コンビニ

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ