ヘルシアに痩せる効果はあるのか?

0803toku02_p1

最近、ヘルシアの高濃度カテキン成分に期待した
ダイエットが流行っているそうです。

緑茶成分のカテキンは、
脂肪燃焼効果が高いと従来から言われているからです。

特にヘルシアはお腹の脂肪をとるといわれていますので、
その点が好まれているのかもしれません。

ヘルシアとは?

ヘルシアは花王の特定保健用食品(トクホ)の飲料です。

いわゆる高濃度カテキン飲料ということになりそうですが、
花王以外からも幾つかの高濃度カテキン飲料は出ています。

しかしなぜこのヘルシアの知名度が高いのか。

その理由を申請された特許を参考に説明してみましょう。

まず緑茶からカテキンをお湯で抽出します、
これだけなら普通のお茶ですね。

次に濃度を高めるために濃縮します。

単純に濃縮する場合と、
濃縮したものをさらに乾燥固形化する場合とがあります。

固形化したものはそのあとで
濃度調整した液体になりますが、
いずれもこうした高濃度カテキンを含む液体は
次に商品化するために殺菌するという工程が必要です。

その際にお茶独特の香りを失ったり、
異臭が発生してしまうというのです。

また緑茶飲料以外の飲料に加えると
邪魔な「緑茶の風味」がついてしまいます。

もう一つは、高濃度に濃縮した
カテキン溶液(早い話がめちゃくちゃ濃いお茶ですね)から
溶媒を用いて精製されたカテキン成分のみを抽出し、
それを使う方法がありますが、最終製品の値段が高くなってしまいます。

とまあ、こんなところで、花王のヘルシアは
こうした弱点を克服した製法により、
風味を損なわないヘルシア緑茶や
ヘルシア烏龍茶が作れている、ということのようです。

ヘルシアの効果

カテキンはβ酸化関連酵素を活性化し
脂肪の燃焼促進効果をもたらします。

またその抗酸化作用により、
代謝の低下といった肥満の遠因となる
活性酸素の生成を抑制しますし、
血中コレステロールの低下といった好効果も期待できます。

ヘルシアはこうした効果を生み出すカテキンを
高濃度に含んでいるので、「ダイエットにいい」
という声があるわけです。

痩せる効果的なヘルシアの飲み方

エネルギー消費の最も大きな基礎代謝は
全体の60%を占めますから、日常的に飲料として
ヘルシアを用いるのもいいのですが、
問題はやはり他の飲料に比べると
値段が高いということがあります。

効果的なのは、運動時と食事のときです。

脂肪燃焼は運動時に
筋肉を使うことによって消費されます。

ですから運動時に摂取すると
効果が高いということになるのです。

また食事時の代謝量は
一日のエネルギー消費の約10%と意外に大きく、
食事の際のお茶代わりにするのも効果があるようです。

なお好ましいカテキン摂取量は
緑茶で4~5杯といわれています。

お茶一杯に含まれるカテキンは120~130mg、
ヘルシア一本に含まれるカテキンは588ミリグラムですから
一日一本飲むと十分ということになります。

ただし、これは体重やBMI、
また運動量などによっても違ってきますので、
ご自分で判断されてお飲みになるのがいいでしょう。

最後にオマケの話。

カテキンがポリフェノールの一つ
だということはご存知だと思います。

でも同じポリフェノールだからといって、
ヘルシアの変わりに赤ワインをがぶ飲みする、
なんてことはなさらないように。

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ