即効性のあるお腹のダイエット法をシェア!

Closeup of sexy male abs and waist in jeans on white background

「ダイエットしようかな~」
とか
「ダイエットしなきゃ」

と思っているあなた、
もしかして、お腹出てきましたか?

特に最近はメタボ健診で
腹囲を測りますから余計に気になりますよね。

でもちょっと計算してみてください。

あなたが普通の生活を送っている
40歳の成人男子だとします。

必要な一日のカロリー数は
2000キロカロリーくらいです。

そして毎日たった50キロカロリーだけ
余分に摂取したとします。

5年後はどうなるでしょう。

50×365×5=91250キロカロリー、
脂肪1kgは7000キロカロリーですから、
91250÷7000=13㎏

たった50キロカロリー、
それで13㎏の脂肪がお腹にたまっていくんです。

お腹に脂肪が付く理由

お腹に脂肪がつく理由はいくつか考えられます。

一つは、「内臓を保護しなければならないからだ」というもの。

心臓や肺といった臓器は
丈夫な肋骨という骨で保護されています。

しかし、胃や腸、肝臓などの臓器は腹筋しかありません。

ですからそうした臓器を保護するために
脂肪がつくのだというものです。

もう一つは腹部にはもともと脂肪細胞が多い
ということも指摘されています。

痩せているときは脂肪細胞も
やせているので気にならないけれど、
太ってくるとただでさえ多い脂肪細胞が太ってくるので、
腹部の肥満が目立つというものです。

また、腹部の脂肪細胞そのものが
脂肪を取り込みやすいということもあるようです。

お腹のダイエット法

食事と運動が大事です。

腹部の脂肪細胞は大きいので、
食事によるダイエット効果が出やすいともいえます。

炭水化物を控え、
低脂肪高たんぱくの食事を心がけましょう。

また脂肪燃焼効率の高いカテキンを
多く含む緑茶も食事のときの飲料としては好ましいでしょう。

また何よりも心がけていただきたいのが、
規則正しい食習慣と言うことです。

朝食を抜いて昼や夜にドカ食いをしたり、
夜遅くに食事をしたりということは避けたいものです。

生活リズムの崩れた食事は
肥満に繋がるというデータは非常に多くあります。

もう一つの運動では、
インナーマッスルを鍛えるということです。

高負荷をかけるだけの運動で
アウターマッスルを鍛えても
なかなか効果が出ないこともあります。

即効性を出すには?

メタボの内臓脂肪は
「貯まりやすく燃焼しやすい」という特徴があります。

まず食事制限をして
脂肪や炭水化物を控えて下さい。

また運動で体を使って
脂肪を燃焼させてしまう必要もあります。

まず目標を定めましょう。

身長を度外視した腹囲というのも考えものですが、
とりあえず一般的なメタボの基準腹囲、
85センチメートルを目標にしましょう。

あなたの現在の腹囲との差は何センチメートルですか?

その差÷1がじっくり取り組む場合の月数になります。

即効性を出したいなら、
その差を2で割った月数を
目標期間としてください。

それが比較的無理なく取り組めて
早くに達成できる期間となります。

減らしたい腹囲に7000キロカロリーを掛けてください
(腹囲1センチメートルはだいたい脂肪1キログラムになります)。

それが減らしたいカロリー数です。

そのカロリー数を先ほどの取り組み期間(日数に換算してください)で
割った値が一日に減らさなければならないカロリー数ということです。

その数字を食事と運動の組み合わせで達成するのです。

具体的な目標があると取り組みやすいものです。

是非一度計算してみてください。

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ