なぜラーメンは太るのか?理由から知る太らない食べ方

img10431704043

日本人は特に、
ラーメンが大好きな人が多いです。

しかし、懸念があります。

ラーメンは太る

ことです。

ラーメンが大好きでいつも食べたいのに
太ることが気になって我慢する。

という人も多いと思います。

驚きなのが、ラーメンのカロリー自体は
そこまで高くないのです。

1杯700kcal~1,000kcal

となっています。

それなのになぜ、
ラーメンは太るのでしょうか?

ラーメンが太る理由

ラーメンのカロリーはそこまで高くないのに
太る理由は食べ合わせなどにあります。

ラーメン自体、糖質なので
太る理由なのはもちろんです。

が、それだけではなく
その食べやすさにも太る理由が隠されています。

ラーメンは「じゅるじゅる」とすすって
スープと一緒に流し込みます。

するとどうなるかというと、
ほとんど噛まずに胃に入れることになります。

それだけでも消化不良で太る理由ですが、
さらにスープという水分と一緒に胃に入れるので

胃の中で消化がかなり悪くなります。

食事中は、消化が悪くなるので
水分はほとんど飲まないのが基本です。

しかしラーメンの場合、ほとんどの人が
そのスープに取り憑かれているので
ガンガン胃に流し込みます。

最悪なことに、スープは塩分が多いので
水太りの原因となることもあります。

つまり『ラーメンはスープが太る主な原因』なのです。

ラーメンで太る理由を潰す

「でも、ラーメンが大好きだから
どうしても止められない!けど太るのは..」

という方が居るかもしれません。

その場合は、しっかり管理することです。

麺は太麺にしてよく噛むとか、
スープで流し込むことは止めるとか、
野菜から食べていくとか。

こういった些細なことに気を使うだけで
太る理由を大幅に軽減することができます。

ラーメンはどうしても早食いになるので、
敢えてよく噛んでゆっくり食べましょう。

そして、スープは全部飲まない。
麺はお代わりしない。

自分を自制することを覚えれば
大好きなラーメンを食べても
太りずらくすることは可能です。

一番最悪のラーメンの食べ方

ラーメンが太る理由の最大の原因が、

『飲んだ後の〆のラーメン』

です。

これは史上最悪です。

アルコールで脂肪燃焼を抑えてしまい
食べたラーメンのカロリーがもろダイレクトに
脂肪分として蓄積されるのです。

アルコールを飲むとどうしても
脳が糖分を求めてしまいます。

それが〆にラーメンを食べたくなる原因です。

なので、〆のラーメンを抑えるために
飲酒時におつまみで糖分を軽く取っといたり
食物繊維の食品を積極的に食べてお腹を満たしておきましょう。

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ