ビールは太る?太らない?その原因を探る..

108

「やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい」

という、安中千絵さんの書籍があります。

タイトルだけ見ると、

「ビールにはダイエット効果がある」

というイメージを持たせます。

が、これは全くの誤解です。

マーケティングのために
このようなタイトルにしたと考えられます。

実際は、ビールに痩せる効果はないです。

し、やはり飲めば太りやすくなります。

ビールは太る?太らない?

ビールジョッキ1杯のカロリーは約250kcalで
決して低カロリーとは言えません。

が、アルコールのカロリーは
体にほとんど蓄積されません。

これを『エンプティーカロリー』と言います。

それ以外の原材料のカロリーだけ
体に蓄積されます。

そのカロリーは約90kcalです。

そう考えると、

『ビールだけでは太りずらい』

とも言えます。

しかし、これはカロリーだけ見た
場合の問題であって、アルコールを摂取することで
体にはその他の様々な悪影響があります。

脱水症状だったり、肝臓に負担をかけます。

すると、内臓機能が低下したり
血液がドロドロに汚れたりします。

つまり、太りやすい体質になっていくということです。

結果的には、
やはりビールは太ると言えます。

ただし、1日に1杯や2杯くらいであれば
そこまで影響はしないでしょう。

太る原因はビール以外にあった!?

では、何がそこまで太る原因になるのか?

ですが、これはまさに『おつまみ』です。

アルコールを摂取している最中は、
消化機能が低下していきます。

すると、食べたカロリーがほとんどそのまま
蓄積されてしまうので、脂肪に変わりやすいです。

さらに、ビールには食欲を増進させる働きもあるので
ついつい揚げ物や高カロリーな食品を食べてしまいます。

また、締めにラーメンを食べたくなる人がいますが、
これはアルコールにより糖分が不足して
炭水化物を求めてしまうからです。

そして食べたものがそのまま
脂肪分として体やお腹周りに蓄積されていくのです。

ビールを飲みながらダイエットするには?

ダイエットはしたいけどビールは飲みたい..

そんなのび太のようなワガママを
抱いてしまうのが私たち人間です。

ビールは1日1~2杯にして、
おつまみを枝豆や豆腐など
低カロリーでアルコール分解を促進する
食べ物にすれば、体への影響は薄いでしょう。

このようにバランス良く、
そして自制心を持って付き合うことがポイントです。

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
ダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ