減量のための筋トレメニュー公開!有酸素運動は必要ない??

8bdd3559

減量をしたいと思った時に
多くの人が考え付くのはランニングだと思います。

確かにランニングも効果はありますが
やはり1番は筋トレが重要です。

筋トレを正しく取り入れた上で、
食事管理を間違いなく行えば
超効果的なアプローチができます。

もしあなたが減量をしたいのなら
筋トレメニューを生活習慣に取り入れましょう。

減量時の筋トレと有酸素運動の関係

減量をしたいというときに、
有酸素運動をして脂肪分を落としてから
筋トレに取り組んだほうがいいのか?

という疑問があると思います。

有酸素運動で痩せるのが先か、
それとも筋トレで筋肉を付けるのが先か、
迷われるかもしれません。

この問題については、
あなたが満足に体を動かすことができず
関節を曲げるのも一苦労というくらい
肥満体質であれば、まずは痩せるのが先決です。

なぜかというと、筋トレというのは
フォームがかなり重要となるのですが、
関節が満足に可動しないフォームで筋トレすると
効果が薄いだけでなく返って故障する危険もあるからです。

しかし、あなたがお腹だけが出ているだとか、
体重を落としたいだよな、というくらいなら
筋トレメニューの最後に有酸素を取り入れるのがお勧めです。

筋トレをすると成長ホルモンやテストステロンが
ドクドクと分泌されるのですが、そのホルモンは
脂肪燃焼を促す働きがあるからです。

なので、筋トレで基礎代謝を上げてホルモンを分泌し
それから有酸素運動で効果的に脂肪を落としましょう。

減量のための筋トレメニュー

減量を目的とした筋トレ運動であれば
ハードなものは必要ないです。

以下にご紹介する筋トレメニューは
減量をする際の必要最低限のものです。

いきなりハードルの高い筋トレではなく
まずは基礎的なものからこなしていきましょう。

すべて室内で出来る筋トレメニューです。

タオルローイング

15回×3セット (休憩30~60秒)

プッシュアップ

15回×3セット (休憩30~60秒)

クランチ

15回×3セット (休憩30秒)

スクワット

20回×3セット (休憩30~60秒)

有酸素運動

減量にも食事は必要不可欠

減量には筋トレだけでなく
食事管理も必ず行ってください。

これを怠ると、思ったように結果を出せないです。

食事に関しては、以下を参考にしてください。 

〈肉体改造の為の食事メニュー正しい決め方〉

プロのトレーナーと肉体改造しませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
ダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ