男性専用!腹筋を最短距離で引き締める極意

31198851_m

男性が腹筋を最短最速で引き締める
究極の極意をご紹介します。

そもそも、正しい方法論を知らないばかりに
なかなか腹筋を割れないでいる人が多いです。

もったいないです。

腹筋というのは、正しいアプローチさえ行えば
多くの人が思っているよりもはるかに簡単に
引き締めて割ることすら可能なのです。

ここでは腹筋を割る方法についてご紹介しますが、

「そこまで行かなくてもまずは引き締めたい」

という人も、結果的には同じになります。

やり方は同じで、後はどこまで追求するか
で変わってきます。

誰もが憧れる男らしい腹筋を手に入れる方法

腹筋を割る方法は、実はシンプルです。

・体脂肪を落とす
・腹筋を際立たせる

ただこれだけです。

「分かってるけどそれが難しいんじゃないか!」

と思われたかもしれませんが、
今からお伝えする方法を忠実に実践すれば
それが出来てしまうのです。

多くの人が勘違いしている、

「毎日激しく追い込まなければいけない」

ということではありません。

もっと簡単なトレーニングで十分です。

それでは順番に見ていきましょう。

体脂肪の落とし方

体脂肪を落とさない限り、
いくら腹筋を鍛えても割れて見えません。

プロレスラーやお相撲さんを想像してください。

彼らは異常なほど筋肉質ですが、
脂肪分で割れた腹筋は見えません。

しかし実際は、脂肪の下に
驚くほど強靭な筋肉が隠れているのです。

なので、あなたが腹筋を割るには
体脂肪を落としていくことが欠かせません。

体脂肪の落とし方ですが、
基本的には食事と筋トレです。

筋トレは後ほどご紹介するので
今回は食事についてです。

体脂肪を落とす食事管理

食事管理といっても基本は簡単で、

・糖質の量を抑える
・低カロリー高タンパク質

という2つがコアな部分になります。

これさえしっかりと守っていれば
体脂肪は落ちます。

他にも細かい方法というのはありますが、
また後ほどご紹介します。

ここで間違ってはいけないのが、

『糖質を完全にシャットアウトしない』

ということです。

よく「炭水化物を抜きなさい」なんていう
意味不明なデマが耳に入ってきます。

しかしこれは大きな間違いで、
そもそも炭水化物が入っていない
食品なんて存在しません。

ですし、糖質自体が私たちの脳や体にとって
必要不可欠な栄養素です。

なので、これを完全に遮断してしまうと
鬱になったり病気を起こします。

糖質は遮断するのではなく、
『量を控える』というマインドが大事です。

腹筋を際立たせる筋トレ法

食事をしっかり管理すれば
筋トレをしなくても体脂肪は落ちていきます。

が、ここでトレーニングしないと
腹筋は割れて見えてきません。

し、引き締まるのが遅いです。

筋トレは必ず行ったほうがいいです。

筋トレと言っても、むやみやたらに
100回とかするのではありません。

様々なアプローチから腹筋を鍛えることで
少ない回数でガッツリ割ることが出来ます。

『腹筋』と一言いっても、
何種類もの筋繊維によって成り立っています。

なので、これらをバランス良く鍛えることで
少ない努力で見事に割れた腹筋を得ることが出来ます。

では具体的に、
どんなトレーニングをすればいいのか?

ですが、腹筋を最短で割る方法は
こちらで手に入れることが出来ます。

⇒ http://goo.gl/5KoeOY

元ライザップのプロトレーナーが
運動初心者から中級者、上級までと
どんなレベルの人にも合ったプログラムを広めています。

初心者用のコースから上級編まで、
4種類のトレーニングメニューがあり
ステップバイステップで教わることができます。

さらに詳しい食事管理だったり、
腹筋を最短最速で割るための考え方も

すべて教えてくれます。

ぜひ参考にしてみてください。

⇒ http://goo.gl/5KoeOY

男が腹筋を割るのは実は簡単

『簡単』という言葉をどう捉えるかにもよりますが、
99%の人が思っているよりも簡単です。

1つの種目でこなす回数は約10~15回です。

1日7分だけのトレーニングでも可能です。

つまり、正しい知識があれば
腹筋はラクに割れるということです。

間違った常識をインプットしてしまい
体を故障させたり努力を水の泡にする行為は
絶対にしないで欲しいです。

一緒に理想の体を手に入れましょう!

プロのトレーナーと肉体改造しませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
ダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ