二週間で効果を出すダイエットプログラムとは!?

33

二週間という短期間のダイエットは、
運動より食事が中心になります。

かなり無理をしますし、
必ずしも健康にいいものではありません。

短期間でダイエット効果を出す代表がボクサーですが、
彼らは筋肉量を落とさずに最終的には水分を落とすことで達成します。

例えば、減量の最終段階にくると水分をできる限り絶ちます。

もちろん炭水化物や脂肪はご法度。

たんぱく質はささみのようなものを選びます。

ロープスキッピングやランニングでも
減量用のサウナスーツを着用し、
それでも体重が減らないときはガムを噛みながら、
出てきた唾液を吐き出すというようなことまでしなければなりません。

こうして二週間ほどかけて5キロほどの減量をしたあと、
計量で合格が出たら、今は前日計量ですから一晩余裕があり、
十分食事を摂る時間があります。

ボクサーの中には、一晩で2キロ以上体重が
回復している者も少なくありません。

短期間ダイエットはこのようにすさまじいリバウンドを伴います。

ボクサーの減量って、あまり健康的じゃないと思いませんか?

短期間ダイエットの注意点

「脂肪を燃焼させる」
とか
「運動で消費エネルギーを増やす」

といった悠長なやり方では
短期間のダイエットは達成できません。

短期間のダイエットはボクサーの減量と同じく、
体から水分を追い出す方法で達成することになります。

水分を減らすと血液中の水分が少なくなり、
どろどろの血液になりますし、
水分は内分泌系や自律神経系でも
重要な役割を果たしているので決して好ましいものではありません。

もしあなたがそんなに太っていないなら、
この二週間という短期間でダイエット効果をだす方法より
もっと時間をかけて、ゆっくりと筋肉をつけ、
ダイエットする方法を選んだほうがいいでしょう。

短期間で成果を出すやり方は体に無理をかけますし、
その分リバウンドが起こりやすいからです。

また無理をしないで時間をかけるダイエット方法は
正しい食習慣と運動を日常生活で習慣化し、
体質的に太りにくい体にするという得がたいメリットもあります。

二週間でダイエット効果を出すには?

短期間ダイエットはやはり食事に依存し、
運動は脂肪の燃焼効率のいい運動ということになります。

そうしたダイエットについて無理にならない程度に少し説明しましょう。

まず食事です。糖質(炭水化物)や脂質を少なく、
高たんぱくの食事を心がけましょう。

とくに砂糖などの糖類は避けることが肝心です。

ところで韓国の人ってあまり太った人がいない、と思いませんか?

韓国料理は、ご承知のとおり、
唐辛子やにんにく、生姜などがたくさん使われます。

それに野菜も多いですね。

この二つはダイエットには効果的な食事要素なんです。

最初の唐辛子、にんにく、生姜はその成分が
褐色脂肪細胞を活性化することで知られています。

この褐色脂肪細胞は
他の脂肪細胞を燃焼させるという性質があります。

ダイエットの大敵である脂肪を燃焼させてくれるわけです。

褐色脂肪細胞は食物で活性化させることができるほか、
体内分布が首筋や肩甲骨付近、
背中の腰付近と局在していますから、
そうした部位の筋肉を中心的に
トレーニングするのも効果的かもしれません。

野菜の方は、食物繊維がたっぷり含まれているので、
糖質による血糖値の上昇を抑制し、
インスリンの産生を抑えてくれます。

また野菜の場合は食べ方でも効果が違ってきます。

ベジタブル・ファーストといって、
食事の初めに野菜を摂るのです。

糖質の分解吸収をさらに抑制してくれます。

また食事中の水分摂取はもちろん
日常生活でも水分摂取は控えめにしましょう。

正しく健康的なダイエットプログラムを考える

まず目標値を定めましょう。

脂肪1キログラムのカロリー数は、
7200キロカロリーといわれていますから、
ダイエットの目標値に見合ったカロリーを消費することになります。

ご飯のような炭水化物は1グラム当たり、
4キロカロリーですから、
お茶碗一杯で600キロカロリーと計算してください。

基礎代謝に必要なカロリー数を下回ることは
好ましくありませんし、脳も一日当たり炭水化物を
100グラム必要とします。

また、基礎代謝を高める筋トレや
有酸素運動の代表であるジョギングも
適度に取り入れる必要があります。

健康的にダイエットを行い楽しい生活をすごしてください。

プロのトレーナーと肉体改造しませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
ダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ