ダイエットで体重が減らない原因とは?

85d53ed3037fb6a3187e211daba16519

西野です、

もしあなたがダイエットをしていて
体重が減らないとしたら原因があり、
おそらく何かが間違っている可能性があります。

もちろん、本来であればダイエットでは
体重にフォーカスするのは間違いなのですが、
1つの目安としては有効です。

今回はダイエットで体重が減らない原因を知り、
どうしれば改善できるのかを見ていきましょう。

間違ったダイエット

そもそも体重の増減というのは
ダイエットにとってはあまり関係ありません。

例えば、

身長170cmのそれぞれ
AさんとBさんが居るとします。

Aさん:体重75kg/体脂肪率17%
Bさん:体重67kg/体脂肪率28%

この場合、どちらが肥満ですか?

もちろん体重が軽くても体脂肪率が高い
Bさんの方がデブです。

この例はたくさんあり、体重が重いから
肥満なのだ、という訳ではありません。

脂肪が多い人が肥満なのです。

ここの捉え方を間違えてしまうと、
ダイエットは失敗します。

なぜかというと、体重が減る要素は、
脂肪が燃焼するだけでは無いからです。

例えば体内の水分を水抜きするだけで体重は落ちます。

もしくは私たちの腸内にある宿便だけでも
約5kg前後あるのです。

これらがなくなるだけでも体重が減ります。

こうした脂肪以外の要因で減った体重を
「ダイエットで痩せている」と勘違いしてしまうと
それ以上に体重が落ちることはありません。

この『体重』にフォーカスしてしまうことで、
極度の食事制限で一気に落とそうとします。

これが間違ったダイエット法の典型例です。

体重が減らない原因

もしあなたが健康的な食事管理や筋トレを行い
最初は体重が落ちていたのに途中から止まってしまったとしたら、
それはまさにダイエットに必ず付きものの停滞期と言えます。

停滞期とは、体重が減っていき
身体がエネルギーを溜め込んでおこうと
省エネに切り替わることによって起こります。

ですから、正しいダイエットをしていて
この停滞期が訪れたとしたらそのダイエットは
上手くいっている証拠だと言えます。

太りやすく痩せにくい最悪の身体

先にお話した間違ったダイエット方法である
極度の食事制限などをしていると、
かえって太りやすく痩せにくい最悪の身体になります。

食事は量を減らすのではなく
質やタイミングを変えることによって
エネルギーの摂取量などを変えていきます。

それなのに、食事の量だけを減らしてしまうと、
筋肉は減り基礎代謝は下がります。

すると脂肪燃焼力が激減し、
結果的に人一倍、脂肪分を吸収しやすく
そして落としずらい身体が出来あがるのです。

正しく食事管理をして、
自宅で気軽にできる筋トレや運動を続けていれば
必ず停滞期を乗り越えて自然のダイエットが出来ます。

外見も素晴らしいスタイルになります。

食事や運動については以下の記事を参考にしてください。

食事:〈筋トレ時の食事のメニュー〉
   〈肉体改造の為の食事メニュー正しい決め方

     〈食事回数を増やすダイエットは危険かも!?〉

運動:〈自宅でダイエットする為の最強筋トレメニューを大公開!〉
   〈運動不足を解消する自宅トレのススメ

本来の基本的なダイエット

参考記事で紹介しているような、
私たちの身体にとって無理のない本来の健康的なダイエット
を行えばダイエットに失敗したりリバウンドをすることはないです。

1番危険なのは、正しい知識を入れずに
巷に出回っている嘘の情報を鵜呑みに実践してしまうことです。

右足と左足を交互に出さないと歩けないように
正しい食事と運動を取り入れないと成功はないです。

一緒に頑張っていきましょう。

プロのトレーナーと肉体改造しませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
ダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ