腰回りの脂肪を落とす男の筋トレダイエット法を解禁!

matome_20141024152336_5449f0686eb00

西野です、

もちろん女性もですが男性のほうが
腹回り脂肪が付きやすいです。

街を歩いていると特に中年の男性の
腹回りにはボテっとした脂肪が付いています。

これを落とすにはどうすれば良いのか?

まずは腹回りの脂肪がなぜつくのか、
その実態を知り効果的に痩せるダイエットをしましょう。

腹回りの脂肪の実態

主に腹回りの脂肪は内臓脂肪によることが多いです。

内臓脂肪とは、正確には内臓の回りに付着する脂肪です。

なぜお腹回りに内臓脂肪が付きやすいかというと、
お腹には内臓を守る骨がないので脂肪を付けて守ろうとしています。

なので、他の部位は太っていないのに
お腹ばかりに脂肪が付くのはこのためです。

他にも原因はいくつかあり、
腹筋が弱まって内臓を元の位置に収めておく力が無いために
下っ腹が出てきてしまうケースもあります。

また、宿便や溜まった老廃物により有害ガスが溜まったり
アレルギーによって腸が腫れてしまうといったこともあります。

では、これらの原因をどうやって
改善していけばいいのかを見ていきましょう。

腹回りの脂肪を落とす

基本的に腹回りの脂肪は内臓脂肪がほとんどです。

この脂肪を無くすだけで驚くほどお腹は引き締まります。

内臓脂肪は、付きやすく落としやすい脂肪なので、
正しい食生活や運動で短期間でも簡単に落とすことが出来ます。

そして、この内臓脂肪に特に有効なダイエット法が有酸素運動です。

ですが、有酸素運動はスタートから20分を超えてから
初めて脂肪燃焼効果を発揮できます。

この効果を極限まで上げることが出来るのが
気軽に出来る筋トレです。

自宅の部屋で出来る筋トレとそのまま室内で出来る
有酸素運動を食い合わせることで、
腹回りの脂肪を落とす最強のダイエット法となります。

腹回りの筋トレダイエット法を解禁!

「腹回りの脂肪を落とすならやっぱり腹筋でしょ!」

という方がいます。

残念、違います。

確かに腹筋運動も重要であり欠かせないのですが、
内臓脂肪を落とすためには他の部位の筋トレも重要です。

その中でも特に取り入れたい筋トレが、スクワットです。

「え?お腹回りの脂肪とスクワットが何の関係があるんですか?」

と疑問に思うかもしれませんが、
短期間で痩せて、さらに今後リバウンドしない
太りづらい身体を作りたいならスクワットを取り入れてください。

スクワットで鍛えられる太ももは、
身体の中で1番筋肉量の多い部位です。

私たちの身体は筋肉量が増えれば
比例して基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がるということは
脂肪燃焼力が上がるということです。

なので、スクワットはダイエットにとって
最高の筋トレ運動と言えます。

スクワット

そして、スクワットだけでなくやはり
ぽっこり腹回りを引き締めるためにも
腹筋運動も必要になります。

クランチ

レッグレイズ

これらの筋トレをやった後に、
約20分ほどの有酸素運動を行えば
間違いなく短期間で腹回りの内臓脂肪を燃やしきることができます。

もちろん、室内で出来るもので十分です。

踏み台ステップ

腹回りは自然と落とせる

このサイトでご紹介している食事管理や
ダイエット法、筋トレなどを生活習慣に取り入れれば
自然とそして簡単に脂肪を落とし痩せることが出来ます。

やはり、太ってしまうのには原因があります。

それは偏った食事やアルコール、生活リズムなどです。

この機会にあなた自身の生活を見直し
健康的な生活を心がけてみてください。

プロのトレーナーから肉体改造を教わりませんか?

プロパーソナルトレーナー指導を受けて
食事管理、生活習慣、そして気軽に出来る自宅筋トレで
2ヶ月以内に肉体改造しませんか?

ただいま無料でメール通信講座を開催中!

元ライザップ専属トレーナー全国3位の実力派が
自分で出来るダイエットや肉体改造に向けて正しい知識を伝授!

スクリーンショット 2015-10-11 20.51.05

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

3 Responses to “腰回りの脂肪を落とす男の筋トレダイエット法を解禁!”

  1. 野村俊一 より:

    172㎝55キロとガリガリなのですが、腰回りのたるみが気になり洋ナシ状態です。
    なんとか夏までに引き締めたいのですがジムや食事等お力添えをお願いしたいです。
    仕事は介護関係で不規則です。

  2. 野村俊一 より:

    追記
    ジムに通える余裕なく。
    なんとか自宅で器具なしで行える方法を。。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ