筋肉がつかない体質の男性へ

20130118-001414

西野です、

筋肉のつきやすさは体質によって違います。

しかし、だからと言って筋肉が付かない、
なんてことはありません。

私自身、筋肉が付かない体質の男
ずっと華奢で情けないものでした。

そんな私でもある時を境に急激に筋トレを
するようになり、さらに食事やプロテインを使って
体を大きくしながら鍛えました。

そうしたら体質が変わり、
筋トレをすればしっかりと筋肉がつく体質になったのです。

もちろん、筋トレしなければ痩せてしまいますが、
それでも以前よりも簡単に筋肉をつけられるようになりました。

この記事では、筋肉が付かない体質の原因と
改善方法についてご紹介していきます。

筋肉がつかない原因や理由とは?

筋トレをしても筋肉がつかないのには以下の3つの理由があります。

筋肉がつかない理由1:食事管理を怠っている

食事管理というのは、
何もダイエッターだけがするものではありません。

本来、すべての人が正しい食事管理をするべきです。

筋肉がつかない体質の男性もそうですが、
どんな目的であれ食事が最も重要な要素になります。

筋肉をつけて大きくしたいのであれば、
タンパク質をしっかり摂る事も獣ようですし、
脂質も摂取して脂肪を多少つけていく事も視野に入れます。

ちなみに、私は以前体を大きくした時は
動物性のプロテインを意識的に毎日摂取していました。

動物性は脂肪やコレステロールが多く含まれているので
痩せていて筋肉がつかない体質の人にはオススメです。

ポイントは、筋トレや運動した時だけでなく
毎日続けて1日2~3回摂るようにしましょう。

筋肉がつかない理由2:筋トレ法が間違って居る

筋トレ法が間違っていると、いくら筋トレをしても
筋肉が付くことはありません。

自己流の筋トレほど無駄な労力は無いです。

正しい回数やセット数、そしてフォームなど
すべてが重要な要素です。

腹筋100回だとか、腕立て50回だとか、
そんなのやるだけ疲れるだけです。

実際、腹筋も正しいフォームで正しく行えば、
15回程度でも十分な効果を得られます。

腕立ても秒数を調整して10回でもOKです。

まずは正しい事を学びましょう。

筋肉がつかない理由3:休息が足りてない

筋トレを始めたばかりの人に多い間違いが、
毎日筋トレをしてしまうという事です。

そうでなかったとしても、睡眠不足などでは
筋肉の成長は見込めません。

なぜかというと、筋肉をつけるには成長ホルモンが
不可欠な存在なわけですが、その成長ホルモンは
睡眠時に大量に分泌されるからです。

特に最初の睡眠3時間が特にです。

食事管理でしっかりと栄養補給を行い、
正しい筋トレで刺激を十分に与えて、
そして最後はゆっくり休息して超回復させる。

これさえ忠実に行えば、
筋肉がつかない体質の男性でも短期間で付きます。

このように、筋肉をつけたり体質を変えるのは
正しいプロの知識がとても重要となります。

かと言ってウン十万円もするジムで
専属トレーナーを付ける必要もありません。

プロのパーソナルトレーナーが
自宅で気軽に出来る筋トレだったり食事管理や生活習慣など、
肉体改造を自分で正しく行う事ができるようにと
メール通信講座で教えてくれています。

彼は元々ライザップの全国3位のトレーナーにも
選ばれるほどの実力者でもあります。

そんな彼が個別指導のように
メールで徐々に取り入れる事ができる正しい習慣を指導してくれます。

しかも今なら完全に無料です。

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

無駄な事など一切せずに最短で
肉体改造をしたい方はぜひ無料で通信講座に登録してみてください。

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

西野

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ