コンビニで手に入る高タンパク質食品で筋トレやダイエット!

d2550e5d-1

西野です、

筋トレーニーやダイエッターにとって
高タンパク質低カロリー食品はまさに神です。

むしろ一般の人もそういった食品を
どんどん積極的に摂って欲しいと思っています。

健康マニアな私としては、
コンビニは心強い味方であります。

なぜかというと、コンビニには
高タンパク質低カロリーと呼ばれる最強の食品が
結構豊富にあるからです。

糖質が低めに抑えられている上に
タンパク質が豊富なんて最高です。

今回はコンビニで気軽に手に入れる事が出来る
『高タンパク質低カロリー』という魔法の食品をご紹介します。

コンビニで手に入る高タンパク質低カロリー食品

1.サラダチキン

・タンパク質:約24g(100gあたり)
・カロリー:105kcal(100gあたり)

まさにキングオブダイエット食品のサラダチキンダイエット。

お昼の時間帯に買いに行くと売り切れている事も
良くあるので人気は驚くほど高いです。

コンビニのおばちゃんに聞いた所
男性がほとんど買っていくそうです。

意外ですね。

d2550e5d-1

【入手場所】各種コンビニ

2.味わいあたりめ

・タンパク質:38g(56gあたり)
・カロリー:171kcal(56gあたり)

味わいあたりめは間食などにも適しています。

少しイカ臭くて職場の同僚に迷惑をかけてしまう
という難点もありますが、男性はイカ臭い生き物なので良いでしょう。

s006-3

【入手場所】各種コンビニ

3.スモークチキン

・タンパク質:29g(100gあたり)
・カロリー:139kcal(100gあたり)

キングオブダイエット食品のサラダチキンに次いで
大人気商品のスモークチキンです。

スモークの香りがとても香ばしく、
低カロリーとは思えない味わいがあるので
ダイエット食品の薄味の常識をぶっ壊してくれます。

2014-02-21-12.14.12

【入手場所】

3.スーパーノンオイルツナ

・タンパク質:12.5g(1缶あたり)
・カロリー:53kcal(1缶あたり)

ツナはカロリー高いかと思われがちですが
ノンオイルであるツナ缶はとても良い食品です。

 

2014110411220681c【入手場所】各種コンビニ

4.ビーフジャーキー

・タンパク質:31.3g(58gあたり)
・カロリー:183kcal(58gあたり)

噛めば噛むほど味が深くなる
人気の高いコンビニ食品です。

こちらもちょっとした間食にも向いています。

45bdb41b650d286e68aa0639e2361b6bf529249e

【入手場所】各種コンビニ

5.生ハム

・タンパク質:12.7g(50gあたり)
・カロリー:75g(50gあたり)

生ハムは健康食として女性にも人気ですね。

男性にとっても低糖質で効率的にタンパク質を取れるので
おすすめの一品です。

6.プロテインバー(ウイダー)

・タンパク質:10g(1パックあたり)
・カロリー:160kcal(1パックあたり)

ダイエットや肉体改造での食品選びとなると
どうしても甘いものには手が出せなくなります。

今まで努力してきた自分を裏切るようで
後ろめたい気持ちにさせられますよね。

そんな時にはこのプロテインバーを食べれば、
甘い味があってとても美味しいのに程カロリー。

それなのにタンパク質もしっかり摂れるので

まさに最高のデザートと言えます。

pic01

【入手場所】各種コンビニ

。。。

これらが主にコンビニで気軽に手に入る
低カロリー高タンパク質の食品です。

実は、コンビニはダイエッターや筋トレーニーにとっては
最高の食品ラインナップを揃えて言います。

下手に外食をするよりも
コンビニでこういった食品を買ったほうが100良いです。

以上、コンビニで手に入る高タンパク質の食品でした。

西野

追伸:

こういった食事に関する知識だったり
生活習慣についてをプロのパーソナルトレーナーが
メール通信講座で教えてくれています。

しかも今は無料で開催中です。

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

彼は元ライ*ップの全国3位のトレーナーという
実力者でもあります。

わざわざ40万円近い現金を支払ってジムに行かなくても
彼のような肉体改造やダイエットのプロから直接
教えてもらって自分だけでも肉体改造はできます。

しかも器具なしで自宅筋トレだけでも可能です。

正しい知識さえ付けて忠実に取り組めば、
2ヶ月以内で別人のような体を手に入れる事ができます。

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ