糖質代謝とは?障害や改善について

gf01a201502200200

西野です、

私たちの体のエネルギーは約60%が
糖質から作られていると言われています。

糖質はそれほど私たちにとって、
とても大切なエネルギーです。

最近、巷では

「炭水化物や糖質は悪だ!」

と言ったような風潮がありますが、
それは危険な間違いでもあります。

確かに私たち日本人は通常よりも多く
糖質を摂取しがちではありますが、
必要不可欠でもあります。

では、糖質は体内でどんな働きなのか、
糖質の代謝について考えてみます。

糖質の代謝とは?

私たちは主に食事によって、
糖質などの栄養素を体内に取り入れます。

摂取された糖質は、胃や腸などによって分解されて
ブドウ糖に変わります。

そして、小腸から吸収されたブドウ糖が血液に入り、
肝臓へと送られます。

その肝臓で、エネルギーを蓄えるための

『グリコーゲン』

という物質に作り変えられます。

肝臓を抜けた残りのブドウ糖はというと、
筋肉などの体中の細胞に吸収されて、
エネルギーとして利用されたりグリコーゲンに作り変えられます。

そして、肝臓や筋肉でグリコーゲンが十分な量になると
残りの余ったブドウ糖は脂肪組織で中性脂肪として蓄えられたりします。

そのブドウ糖が体内で不足したと時、
蓄えられたグリコーゲンがブドウ糖に分解され
エネルギーとなります。

これが糖質の体内での働きです。

要するに、糖質は体にとって必要不可欠ですが
取りすぎると脂肪として溜まるという事です。

糖質代謝異常症とは?

先に挙げた代謝は主に酵素によって行われます。

しかし、こお酵素の機能が十分に働かずに
糖質の代謝がうまく行われない状態を

『糖質代謝異常症』

と呼びます。

糖質代謝に障害が起きると、様々な異常を
引き起こす事があります。

糖質代謝異常症の症状と障害

糖質代謝異常症には様々な障害があります。

代表的なものには、

白内障、嘔吐、下痢、黄疸、肝不全、感染症
etc..

といったものが挙げられます。

これは患者によっても様々で、場合によっては
症状が全く出ない場合もあります。

糖質代謝異常症の原因はなに?

糖質代謝異常症は先天性と後天性のものがあります。

ここでは後天性の場合に絞ります。

後天性の場合は、普段の偏った食事や
栄養バランスの乱れ、ストレスなどによる
自律神経の乱れにより代謝異常が起こると言われます。

もし糖質代謝異常を引き起こした場合は、
食事内容を見直したり生活習慣を変えたりが必要です。

糖質代謝異常症の治療法は?

まず治療法の前に普段からの予防法としては、
規則正しい生活習慣や食生活を取り入れる事です。

いくら今現在には体にそこまで症状が無くても
乱れた生活習慣やストレスなどを続けていくと、
自律神経が乱れて体内の酵素の機能が低下する可能性が高いです。

なので、規則正しい生活習慣や休息が必要です。

少しでも体に異常を感じた場合は、
専門医に診てもらうのももちろん大事ですが
普段のあなたの食生活や生活習慣を見直してみてください。

糖質は私たちにとって本当に大切であり、
筋トレや健康にもろに直結します。

毎日の積み重ねを大事にしていきましょう。

西野

追伸:

プロのパーソナルトレーナーである
私の友人がたるんだお腹や体を引き締め
肉体改造したい方にメール通信講座を開催しています。

ジムに通わずに自宅での筋トレや
普段の正しい生活習慣などを教えてくれます。

しかも今は完全無料中です。

もしあなたが少しでも体を引き締めたいと
思っていたり、腹筋を割りたいなどお考えなら
ぜひ無料で受けてみてください。

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

1人での独学でやるのではなく、
肉体のプロフェッショナルがに教わりながら
正しく行っていくのが最短で体を引き締めるコツです。

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ