LINEでお友達になりませんか?
LINE限定記事や無料プレゼントを配信!

友だち追加

超回復の嘘?本当?実は毎日トレーニングすべき?

超回復の嘘?本当?実は毎日トレーニングすべき?

2010-02-05

超回復は嘘である

西野です、

「超回復なんて概念は嘘である」

と言ったような話が世の中にはあります。

結論から言えば、超回復はあります。

この超回復があるからこそ筋トレをすると
筋力が前よりも上がっていくのです。

しかし超回復が嘘だという誤解が広がるのは、
その超回復が起こるその時間感覚が間違っているからです。

そもそも超回復ってなに?

超回復とは休息の間に筋肉量が以前よりも
上がることを言います。

筋トレをすると筋細胞が破壊されて
それを以前よりももっと強くなろうとすることにより
超回復という現象が起こります。

イメージとしては、
地震で破壊されてしまった建物を、
次にその震度の地震が起こっても耐えられる建物を
建て直すといったようなものです。

ではなぜ超回復が嘘だという話があるのか?

これはいくつかの間違った理由があります。

超回復の嘘その1 「超回復は48時間~72時間」

ここが一番多い間違いだと思いますが、
超回復は筋トレ後24時間以降に始まります。

2日後にならないと超回復が起こらない、
というのは間違いです。

正確には24時間後から始まり72時間(もちろん個人差あり)
ほどの休息で超回復します。

超回復の嘘その2 「超回復は完全な休息が必要」

超回復の間は筋肉を完全に休息させないと
その効果が現象してしまうというものです。

しかし、筋肉疲労を回復するには
血液循環が必要であり溜まった乳酸を流す必要があります。

なので多少なり運動は必要だという事です。

具体的には軽いジョギングやウォーキング、
ストレッチなどで筋を伸ばして血液循環させるのがいいです。

超回復の嘘その3 「筋肉痛が無いと超回復しない」

そもそも筋肉痛のメカニズムについては
まだ解明されてないですが、この筋肉痛について
間違った常識が出回ってしまっています。

「筋肉痛がないと筋トレの効果がない」

という意見ですがそれは誤りです。

筋肉痛が無くても筋トレの効果はあります。

〈筋トレは筋肉痛がないと効果が無いのか?〉
の記事でも詳しく書いていますのでこちらをご覧下さい。

筋トレをするのはこの超回復が目的です。

痛みがあるから超回復が起こる
という訳ではありません。

筋肉を使えば超回復は起こります。

つまり、筋肉痛が無くても超回復は起こるのです。

ここの部分を勘違いしていると、

「筋肉痛になるまで徹底的に追い込む!」

というマインドになり、無理に追い込みすぎて
体を故障してしまうという危険があります。

なので注意してください。

超回復の嘘、本当のまとめ

・超回復が起こるのは24時間以上~
・超回復には軽い運動で血液循環が効果的
・筋肉痛が無くても超回復は起こり筋力はアップする

です。

これらの微妙な間違いが超回復についての
間違った認識を生んでしまいます。

正しい知識を付けて一緒に魅力的な男になりましょう。

それではまた!

LINEでお友達になりませんか?
LINE限定記事や無料プレゼントを配信!

友だち追加

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)