LINEでお友達になりませんか?
LINE限定記事や無料プレゼントを配信!

友だち追加

胸筋を腕立てふせで鍛える本当のやり方とは?

胸筋を腕立てふせで鍛える本当のやり方とは?

swissball-pushup3

西野です、

胸筋を鍛えるときにすぐに思い浮かぶのが
腕立て伏せですね。

しかし学校の体育で教わる腕立て伏せは
正直正しい方法とは言えません。

そのせいでいくら腕立て伏せをやっても
胸筋は鍛えられないのです。

それほど勿体ない事はありません。

どうしても鍛えたい胸筋に刺激がいかず
腕ばかりが聞いてしまうという事になります。

本当に正しい腕立て伏せというのは
多くの人が思っている以上に細かいポイントがあります。

が、この細かいポイントさえしっかり抑えれば
面白いように胸筋を腕立て伏せだけで鍛え上げる事ができます。

つまり、たくましく厚い胸板を作れるのです。

腕立て伏せなら場所を問わないので
自宅で簡単にできます。

ジムで周りの目を気にしながら肩身の狭い思いをして
筋トレする必要もありません。

なので継続がしやすいという事です。

何より肉体改造に最も大切なのは継続ですよね?

継続できるように自宅でまずは腕立てをして
胸筋を鍛えてみてください。

胸筋を腕立てふせだけで鍛える正しい方法

まずはこちらをご覧ください。

いかがですか?

一見、学校で教わる腕立て伏せと
変わらないように見えますよね。

しかし手の置き方だったり幅だったり
お尻の位置などで同じ動作をしても
刺激が入る部位やかかる負荷が断然変わってきます。

要するに、同じ動作でも筋トレ効果が倍増するのです。

慣れてきたらもっと胸筋を大きくする腕立てふせの
応用編なども取り入れていって頂ければと思います。

まずは基本的な腕立て伏せを2週間継続してみてください。

間隔は毎日ではなく週3回です。

2週間この腕立てふせを継続できれば
ガッツリ変わるわけではありませんが
自分で鏡を見たときに変化を実感できます。

まずは2週間やってみましょう。

実際私自身が1ヶ月も経たないうちに
友人から「締まったね」と言われました。

それほど正しいフォームや知識で筋トレすれば
驚くほど短期間で効果を発揮できます。

一緒に頑張りましょう!

それではまた!

LINEでお友達になりませんか?
LINE限定記事や無料プレゼントを配信!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)