筋トレ中アルコールの影響は最悪!?

筋トレ中アルコールの影響は最悪!?

 

飲み会

 

 

西野です、

今回はアルコールが与える筋トレへの
影響についてお話しします。

アルコールは筋肉にとって天敵であり
正直オススメは出来ません。

が、どうしても飲みたいという方もいると
思いますので、アルコールが筋肉に対して
どう悪影響なのか、という知識を付けてから
上手に付き合っていって欲しいと思います。

アルコールが筋トレに与える悪影響

アルコールを大量に飲むと内臓に負担をかけるので
体に悪いということは筋肉云々以前の問題だと思います。

アルコールは筋トレにとって重要な
テストステロンの分泌を低下させます。

テストステロンは筋肉の回復や肥大させる作用があります。

折角筋トレをして筋肉を大きくしようとしているのに
それを抑え込むようなものなのです。

プラマイゼロというイメージでしょうか。

なのでそれほど勿体ない事はありません。

また、アルコールを摂取するとコルチゾールが増加します。

このコルチゾールですが、人体にとっては
必要なステロイドホルモンの一種なのですが、
過剰な分泌はPTSDになる可能性も高くなります。

さらに筋肉を分解する作用があるので
イメージとしては溶かしていく形です。

さらにアルコールは肝臓機能を低下させるので
糖や脂質の分解・代謝を悪くします。

つまり、太りやすい体になるという事です。

これらを考えてみても、結論として、

『筋トレ後の飲酒は控える』

のが大切になります。

筋トレ後の超回復中でのアルコール摂取は
なるべく避けるようにしましょう。

と言っても、社会人の場合は人付き合いで
どうしても飲みの席に付き合う場面があるかと思います。

体脂肪を落としている最中でもまだ良いと
されているアルコールはハイボールです。

そして、おつまみや食べ物で積極的に
タンパク質やミネラルを多く摂っていきましょう。

タンパク質であれば納豆や豆腐、卵、枝豆など。

ミネラルならスポーツドリンクや
ミネラルウォーターを並行して飲んだりです。

他にも対策としては、飲む前にウコンを飲んだり
ヨーグルトを胃に入れておくのも良いとされています。

詳しい食品のメニューや表は
『筋トレ時の食事のメニュー』
という記事でもご紹介しているので参照してください。

基本的にアルコールは筋トレにとって良くないので
なるべくなら避けるようにしましょう。

どうしても飲みたくなったら上記のように
飲むものや食材に注意していくのがいいです。

大量にアルコールを飲酒するのは
筋肉にも内臓にも良くないので注意しましょう。

西野

追伸:

パーソナルトレーナーである私の友人が
筋トレや肉体改造に必要な知識などを
メール通信講座で公開しています。

しかも今は無料で公開中です。

良かったら登録してみて下さい。

きっとあなたのお役に立てると思います。

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ