筋トレは筋肉痛がないと効果が無いのか?

筋トレは筋肉痛がないと効果が無いのか?

 

Fitness_Model_Britt_2007-700x350

 

 

 

西野です、

 

久々に筋トレをした日には次の日の
筋肉痛は尋常ではないですよね。

しかし筋トレを続けていくとだんだん
筋肉痛がなくなってきます。

そこで不安になることが、

「筋肉痛にならないと筋トレは効果がないかも」
「刺激が足りないから筋肉痛にならないのかも」

ということです。

確かにその気持ちわかります。

筋肉痛というのは私たちの体に
ダイレクトに教えてくれるので、
筋肉痛になった日は自分を褒めてやりたくなる気持ちだと思います。

じゃあ筋肉痛にならないと筋トレの
意味がないのかと言いますとそんな事ありません。

結論を先に言ってしまえば、

筋肉痛にならなくても効果はあります。

やはり筋肉は使えば使うほど強度が上がるので
効果は間違いなくあります。

ただしここで重要なのは、
『あなたの筋トレの目的は何か?』です。

これがはっきりしていないとそもそも
何が効果と呼べるのかさっぱり分かりません。

筋トレをする方で主に
以下の2つに分かれると思います。

・筋力アップ
・バックアップ

筋力アップは筋力を上げていき
力をさらに増していきたいという目的です。

バックアップは見た目に比重を置き
太さや大きさを目的にしています。

もしあなたが筋力アップを目的とするならば
しっかりとトレーニングの記録を付ける事が大事です。

毎回の筋トレのセット数やレップ数を記録して
ウエイトが以前よりも増えているのであれば、
筋肉痛がなくても筋トレの効果はあるという事です。

バックアップであれば見た目になってくるので
そこは目視していったり体重などを測ったりですね。

といってもおそらく8割の人が筋力アップで
バックアップも出来ればという状況だと思います。

であれば、記録をしっかりつけていけば
問題なく効果を実感出来ると思います。

あくまでも筋肉痛というのは上辺の体感であり
私たちが見なければいけないのは本質的な部分です。

あなたの筋トレの目的をはっきりさせて
そこに100%フォーカスしていきましょう。

わかりやすい例えばなしをすれば、

年収400万円の人が年収1億円になったら
それはもう強烈な実感があると思います。

これが筋肉痛状態ですね。

では既に年収1億円の人が年収2億円に
なったらどうでしょうか?

あくまでも想像上にはなりますが、
もう麻痺していてあまり実感が無いと思います。

でもしっかり結果は出ている。

これが筋肉痛が出ていない状態ですね。

このように、だんだん基準値が上がるにつれて
ちょっとの成長では実感ができないです。

だからこそ記録を付ける事が大事です。

ここを怠らないで理想の体を作りましょう。

西野

追伸:

トレーニングだけでなく食事の事なども
知識として学んでいけばはるかに簡単に
肉体改造はできるようになります。

しかも2ヶ月以内に、です。

私の友人がプロのパーソナルトレーナー
として活動しているのですが、

彼が肉体改造に必要な基礎知識を
メール通信講座という形でお教えしているそうです。

理念があって完全無料にしているそうなので
ぜひ以下のリンクのサイトでチェックしてみて下さい。

⇒ http://goo.gl/rB5NcX

One Response to “筋トレは筋肉痛がないと効果が無いのか?”

  1. […] 〈筋トレは筋肉痛がないと効果が無いのか?〉 の記事でも詳しく書いていますのでこちらをご覧下さい。 […]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ