熱中症の症状は下痢?発熱?対処の仕方!

OZP85_yabeeonakaitai500-thumb-1000xauto-3527

 

 

宮下です、

 

熱中症には様々な症状があり、

気付かないだけで軽い熱中症になっている場合もあります。

 

有名な症状としては、めまいや頭痛、吐き気などですが、

その他にも下痢や発熱も症状の1つです。

 

特に冷たいものを取りすぎたりお腹を冷やしていないのに

食後に下痢ぎみだ、という場合は熱中症の疑いもあります。

 

熱中症の下痢の場合は、嘔吐も併発することも多いです。

 

ただし、下痢や嘔吐の症状が出ている場合、熱中症では

 

『中等症』

 

という部類に入り、下手すれば命に関わる恐れもあります。

 

もし症状に気付いたらすぐに『内科』へ直行してください。

 

熱中症で下痢になるメカニズムとは?

 

熱中症で下痢になる理由は、大量に汗をかくことにより

体内に必要な水分と塩分、ミネラルが不足する事で起こります。

 

ここでただ水分だけ摂取してしまうと、

過剰だと判断してしまい体は塩分やミネラルとの

バランスを取ろうと、水分を体の外へ排出しようとします。

 

それが下痢という形で現れるという訳です。

 

もちろん、冷たい水分や食べ物を取りすぎて

お腹を壊すこともありますが、毎食下痢になったり

数日続くようであれば全てを投げ捨てて内科にダッシュしてください。

 

熱中症になった時の対処

 

熱中症になってしまった時の対処法ですが、

症状によりそれぞれ対処の仕方が変わります。

 

一番は内科にスキップではなくダッシュで行くべきですが、

ここでは応急処置をご紹介します。

 

応急処置としては、涼しい場所に移動して、

衣服を緩め、水分補給をしましょう。

 

ただし、先ほどの下痢になる原因で説明しましたが

ただの水をゴクゴク飲むのではありません。

 

最も適している飲料は、

ミネラルウォーターにティースプーン半分の食塩を

入れて混ぜた食塩水がベストです。

 

これで体に必要なミネラルと塩分を摂取できます。

 

熱中症にならない為の対策

 

熱中症にならない為には日頃から

習慣として気をつけておかなければなりません。

 

対策としては、先ほどもご説明した事と重複しますが、

毎朝起床一番に、

 

・ミネラルウォーター500ml

・食塩ティースプーン半分

・レモン一個(絞ったもの)

 

を飲むようにします。

 

これは熱中症対策だけではなく、

究極の健康対策になります。

 

これだけで記憶力もあがりますし

集中力も抜群に上がります。

 

また、腸内洗浄も自然とできるので

やらない手はありませんので是非

習慣に取り入れてみてください。

 

まとめ

 

下痢や嘔吐、発熱なども熱中症の症状の1つです。

 

少しでも異変を感じたら内科で見てもらうのが    1番ですが

普段から自分の習慣で対策する事をお勧めします。

 

ただの水分ではなく、

ポカリスウェットやミネラル入り麦茶などを

意識して摂取していきましょう。

 

宮下 誠

 

緊急案内!

全ては体の健康から始まります。

自宅で出来る簡単なトレーニングで

49日以内に肉体改造を完成させる方法を

メールで学べますので、

↓ 詳しくは以下の画像をクリック ↓

nduebswpw

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ